かるあ学習帳

ゲーム/アニメ/特撮/文学/哲学の話をしよう

『劇場版仮面ライダージオウ Over Quartzer』感想~美意識がもたらす暴力について~

今回は、『劇場版仮面ライダージオウ Over Quartzer』(以下『OQ』)を観た感想を書きます。
 

f:id:amaikahlua:20200126154100p:plain

『劇場版仮面ライダージオウ Over Quartzer』

監督:田﨑竜太
脚本:下山健人
(C)2019劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会
2019年7月26日公開
おすすめ度:★★★★★(67分の短い映像だが、恐ろしく濃密な体験が味わえる)
 

映画館で観た時の感想

 
去年、私はこの映画を映画館で直接観に行きました。この映画を観終わった後、私は自分の両足が痛くなっていることに気付きました。どうやら私は、ずっと両足に物凄い力を込めて踏ん張りながらこの映画を観ていたようです。そのことに、この映画を観ている間は全然気付きませんでした。ずっと両足に気合を入れて踏ん張りながら観ていたのに、映画を観るのに夢中でそのことに気付かなかった。『OQ』は、それくらい面白い映画だったのです。現場からは以上です。
 
仮面ライダージオウ』という作品を私なりに評価すると、TV版のシナリオは良くも悪くもごった返していたけど、冬と夏の劇場版の出来は最高に良質だった」となります。TV版『ジオウ』を観ていると、ゲスト出演する俳優さんや続々発売される玩具と上手く折り合いを付けた脚本を考えるのがしんどそうな感じがした。私はTV版ジオウのごった返したシナリオをあまり高く評価していませんが、冬映画の『平成ジェネレーションズFOREVER』と夏映画の『OQ』には満点に近い評価を付けています。
 

美意識がもたらす暴力について

 
『OQ』では、仮面ライダージオウに変身する常磐ソウゴたちと、「歴史の管理者」を名乗る集団クォーツァーとの戦いが描かれます。DA PUMPが演じるクォーツァーは、平成仮面ライダーの歴史を破壊し・平成の歴史をもう一度やり直そうとします。クォーツァーのリーダー(名前はネタバレになるので伏せます)が平成の歴史をリセットしようとする理由が、とても面白かったです。
 

f:id:amaikahlua:20200126154151p:plain

f:id:amaikahlua:20200126154224p:plain

「お前たちの平成って、醜くないか?
 まるで凸凹で、石ころだらけの道だ」
 
「お前たちの平成って、醜くないか?」という名ゼリフは、裏を返せば「俺たちは平成を美しくしたい」ということです。クォーツァーのリーダーは、「醜い」平成仮面ライダーの歴史を、「美しい」ものに改変しようとします。平成仮面ライダーの歴史が「醜い」と言える根拠は、平成仮面ライダーという作品群に対するメタ的な思考です。
 

f:id:amaikahlua:20200126154319p:plain

ウォズ「そもそも平成ライダーが悪いんだ。設定も世界観もバラバラすぎだ…。という声が多くてね」
 
平成仮面ライダーは電車に乗って時間旅行する電王、医療とゲームがテーマのエグゼイドなど、シナリオの作風や仮面ライダーの外見に統一感がありません。平成仮面ライダーは多くの要素がバラバラで、もはや「仮面ライダーと呼べるものの定義がよくわからなくなってしまった!という苦情をたまにネットで見かけます。だからクォーツァーは、そんなバラバラで「醜い」平成仮面ライダーの歴史を「管理」しようとしたわけですな。
 

f:id:amaikahlua:20200126154414p:plain

私個人の意見としては、「平成の歴史を美しくしたい」という美意識が、仮面ライダージオウたちを苦しめる暴力として描かれているところが面白いなと思いました。平成仮面ライダーの歴史はバラバラで見苦しいから、その歴史を美しくしたい。クォーツァーのリーダーの思想はある意味では聞こえが良く思えますが、この思想が『OQ』では大きな暴力を産み出しているのです。
 
私たちの現実の日常生活でも、美意識が暴力を産み出すことがよくあるように思います。例えば、外見が不細工な人が「不細工だから」という理由でいじめの被害に遭うことがある。他にも、字が汚かったり歌を上手く歌えなかったりする人が、みんなの笑い者になったりする。嫌な話ですが、私たちには「美しいものを良しとする美意識」が備わっているぶんだけ「醜いものを虐待する暴力」も備わっているように思います。この映画では、そういう潜在的な暴力が鋭く掘り起こされているなと思った。
 

f:id:amaikahlua:20200126154456p:plain

この発言は、平成仮面ライダーに統一感が無いことに対する開き直りだと解釈されそうではあるが…(笑)
『OQ』は、今まで見落とされてきた「美意識がもたらす暴力」に焦点を当てた傑作だと思います。醜くても、バラバラでも、一生懸命で個性的な対象を評価し、私たちは「美意識がもたらす暴力」に抵抗する心を持たなければならないーー。

『ミュウツーの逆襲』再考~ニャースの本質について~

ポケモン映画第1作ミュウツーの逆襲』では、遺伝子操作によって誕生したポケモンミュウツーの「逆襲」が描かれます。ミュウツーはこの映画を代表するポケモンですが、この映画はニャースの本質をさりげなく描いた作品でもあると思います。今回はニャースに注目し、『ミュウツーの逆襲』から読み取れるニャースの本質について考察します。

 

f:id:amaikahlua:20200119151848p:plain

ミュウツーの逆襲』
監督:湯山邦彦
脚本:首藤剛志
(C)ピカチュウプロジェクト98
1998年7月18日公開
 

戦わないニャース

 
ミュウツーの逆襲』の終盤では、ミュウツーをはじめとするコピーポケモンとミュウをはじめとするオリジナルポケモンが、自己の存在を賭けた痛々しいバトルを繰り広げます。しかし、オリジナルのニャースとコピーのニャースだけは、戦わずにのんびりと月を眺めます。なぜ他のポケモンが争っているのに、ニャースだけは争わないのでしょうか?とりあえず、脚本家の首藤さんのコラムを引用します。
 

f:id:amaikahlua:20200119152110j:plain

 人間の言葉を勉強し話せるようになり、直立できるようになり、人間になりたかったロケット団ニャースは、自己存在について割り切っている。
 人間になりそこなって、本来のポケモンにもなりきれないロケット団ニャースは、自己存在というものに何か諦観したものを持っている。
 だが、バトルをすれば体が痛い。死ぬかもしれない。それは現実である。
 自己存在の証明にそれほどの価値があるのか?
 なんとなくロケット団ニャースは、コピーのニャースに空を見上げて言う。
 「今夜の月は満月だろな…」
 自己存在のための戦いなんてどうでもいいじゃないか。ともかく、戦わなければ、ロケット団ニャースも、コピーのニャースも、傷つかずに一緒にのんびり今夜の月を観ることができる。
 達観諦観わびさびの世界のようなものである。
 

ニャースが得たものと失ったもの

 
TVアニメ版ポケモンの第72話「ニャースのあいうえお」では、オリジナルのニャースが人間になりたかった理由が明かされています。
 

f:id:amaikahlua:20200119152720j:plain

第72話「ニャースのあいうえお」より
ニャースはメスのニャースである「マドンニャ」のことが好きになり、マドンニャが好きな人間になるために人語や二足歩行を習得する訓練をします。しかし、ニャースは人語や二足歩行を習得した代償として、進化や新しい技の習得ができなくなります。ニャースはマドンニャに告白しますが、「人間の言葉をしゃべるポケモンは気持ち悪い」という理由で振られます。その後、グレたニャースロケット団に入団します。*1
 
ここまでの説明で、オリジナルのニャースが人語や二足歩行を努力によって「後天的に」身に付けたことがおわかりいただけたかと思います。このことは、誕生したばかりのコピーのニャースが人語をしゃべることができず・二足歩行もできないことからも推測できます。
 

生まれつきの諦観

 
首藤さんのコラムの言葉を借りれば、オリジナルのニャースには「諦観」があるという。「諦観」や「達観」というのは、「悟りの境地」といった意味の言葉です。オリジナルのニャースが諦観を人語や二足歩行と同じく後天的に身に付けたかというと、そうとは言いきれないと考えられます。
 

f:id:amaikahlua:20200119154100p:plain

ミュウツーの逆襲』に登場するコピーのニャースは、コピーとして誕生したばかりなのにオリジナルのニャースに戦いを挑みません。ですので、コピーのニャースには生まれつき「戦いに対する諦観」が備わっていることになります。オリジナルのニャースには生まれつき「戦いに対する諦観」が備わっていて、その諦観がコピーのニャースにも遺伝した可能性が高いです。*2
 

f:id:amaikahlua:20200119154640j:plain

映画「ピチューピカチュウ」より
(C)ピカチュウプロジェクト2000
オリジナルのニャースは生まれつき「先天的に」諦観を持っている可能性が高いと思いますが、それに加えて経験によって「後天的にも」諦観を身に付けた存在だと思います。オリジナルのニャースロケット団の業務をしたり、アルバイトをこなしたりします。オリジナルのニャースは人語や二足歩行を習得したことにより、人間社会に参加できる社会性を身に付けました。ですからオリジナルのニャースは、「後天的にも」他者と上手くやっていくための諦観を身に付けたと考えられます。
 
オリジナルのニャースは諦観の素質を持ち、経験からも諦観を学んだ苦労人、といったイメージですねw
 
(ここから先は補説であり少しややこしい話になるので、無理して読まなくてもOKです)

*1:参考:「ニャースがしゃべる理由!!意外と知らない悲しい話!?」

*2:オリジナルのニャースには先天的な「戦いに対する諦観」が備わっていなかったが、コピーのニャースに突然変異で「戦いに対する諦観」が発現したという可能性も考えられると思います。しかし、この可能性はあまり高くないかもしれません。

続きを読む

強迫性障害を哲学チックに説明します。

いきなり暗い話になりますが、私は今、強迫性障害という心の病気を患っています*1。今回は『論理哲学論考』の続きを読み、ウィトゲンシュタインから知恵を借りて強迫性障害についてできるだけわかりやすく説明しようと思います。『論考』には強迫性障害について一言も書いてありませんが、『論考』強迫性障害を説明するのに便利な本なんですよw

現実のつくりかた

 

 f:id:amaikahlua:20200109134542j:plain

一、世界は成立していることがらの総体である。
二、成立していることがら、すなわち事実とは、諸事態の成立である。
二・〇四、成立している事態の総体が世界である。
二・〇五、成立している事態の総体はまた、どの事態が成立していないかをも規定する。
二・〇六、諸事態の成立・不成立が現実である。*2
 

f:id:amaikahlua:20200113131254j:plain三島由紀夫(1970年に自殺)

「この現実で成立しているにせよ、成立していないにせよ、私たちに想定可能なことがら」を、ウィトゲンシュタインは「事態」と呼んでいます。例えば「昭和の文豪・三島由紀夫は病死した」ということがらは史実に反しますが、私たちはこのことがらを〈もしも〉の可能性として想定することができます。ですから「昭和の文豪・三島由紀夫は病死した」ということがらはこの現実で成立している「事実」とは言えませんが、成立していない「事態」だと言うことはできます。

 

f:id:amaikahlua:20200113132016j:plain湯川秀樹(1949年にノーベル賞受賞)

「物理学者・湯川秀樹氏は1949年にノーベル賞を授賞した」というシチュエーションを私たちは想定できますし、このシチュエーションはこの現実で実際に実現しました。ですから「物理学者・湯川秀樹氏は1949年にノーベル賞を授賞した」ということがらはこの現実で成立している「事実」であり「事態」だと言えます。このような「事実=成立している事態」を全て集めることによって、〈もしも〉の可能性を除外した「世界」を構築できるとウィトゲンシュタインは考えました。
 
「昭和の文豪・三島由紀夫は自殺した」という事実から、「昭和の文豪・三島由紀夫は病死した」という事態は成立していないということがわかります。また、「物理学者・湯川秀樹氏は1949年にノーベル賞を授賞した」という事実から、「物理学者・湯川秀樹氏は1949年にノーベル賞から落選した」という事態は成立していないということがわかります。こんな感じで、「事実=成立している事態」を集めているうちに、「成立していない事態」がどんな事態なのかがついでにわかります。
 

f:id:amaikahlua:20200113132743j:plain古田(二〇一九)、五八頁より抜粋

ウィトゲンシュタインは、「事実=成立している事態」を全て集めることによって「成立していない事態」をも画定し、「現実」を構築しました。以上のことを踏まえて、強迫性障害について説明しますw
 

強迫性障害の哲学チックな説明

 
皆さんは、強迫性障害がどんな病気か知っていますか?
 

f:id:amaikahlua:20200113133833p:plain

私の体感では、強迫性障害は、いわゆる心配性や潔癖性が悪化した心の病気みたいなイメージです症状は人それぞれですが…。外出する時に家のガスの元栓が閉まっているかどうかを何十回も・何百回も(!)確かめたり、手にバイ菌が付かないように手を何分も・何十分も(!)洗ったりする症状が出ます。何と言うか、「自分の家がガス爆発するんじゃないか」「自分の手にノロウイルスが付いてるんじゃないか」といった具合の不安に勝てなくて、挙動不審になってしまうんですよね…(苦笑)
 

f:id:amaikahlua:20200113134115p:plain

より具体的な症例をお話しします。強迫性障害になると、例えば「もしかしたら自分の家がガス爆発するかもしれない」という不安に押し潰されそうになる。だから実際に自分の家のガスの元栓を見に行って、元栓が閉まっているかどうかを確認する。でも、目の前の元栓が閉まっていても、「もしかしたら自分の家がガス爆発するかもしれない」という不安がいっこうにおさまらない。だから、ガスの元栓を何分間も凝視したり、何度もガスの元栓を見に行ったりする。こんな感じです。
 
強迫性障害の症状を、『論理哲学論考の術語を使って説明してみましょう。強迫性障害になると、現実で実際に成立しているかはともかく、実際に成立したら嫌な「事態」が怖くなる。だからガスの元栓を確認したり手を洗ったりして、嫌な「事態」が成立しないようにする。でも、今ガスの元栓が閉まっているとか手がきれいだとかいった「事実」を確認しても、嫌な「事態」が成立するのが怖くてたまらない。だから「事実」をしつこく確認し続けて、自分が怖れている「事態」が「成立していない事態」だと自分に言い聞かせまくる。それで納得したら不安がおさまるのです。
 

強迫性障害はどうすれば治るのか

 
皆さん、いかがでしょうか。
 
強迫性障害が発症すると、嫌な「事態」が現実で実際に成立するのが怖くてたまらなくなります。ある時を境に不都合な不安が心に場所を占めるようになりしかもその不安の割合が健常者と比べて異常に大きくなるのが強迫性障害の特徴かなと私は感じています。この現実で実際に成立している「事実」よりも、現実で実際に成立したら嫌な「事態」のことを四六時中考えているところが異常だと思いますね。この不安をおさめる方法をご存知の方がいらっしゃったら、ぜひご教授ください。
 

f:id:amaikahlua:20200113134621p:plain

最後に一言。『論理哲学論考』では最初に成立している「事実」について説明され、その次に可能性として想定できる「事態」について説明されています。可能性の話よりも、実際に成立していることを優先する。これは健常な思考をするための基本かと思います。嫌な「事態」が成立する可能性よりも、今超高確率で大丈夫だという「事実」を重視できるようになりたい。そうなったらこの厄介な病気は治るんだろうけど、この不安はすぐにはおさまりそうにないです。

*1:医師によると統合失調症強迫性障害が併発しているような状態なのですが、わかりやすさを優先して強迫性障害と書いています。

*2:ウィトゲンシュタイン野矢茂樹訳)『論理哲学論考』、岩波文庫、二〇〇三。なお、ウィトゲンシュタインは本文で「肯定的事実」と「否定的事実」について言及していますが、古田徹也先生の『論理哲学論考』入門書(二〇一九)に倣って本稿でも省略しました。

『論理哲学論考』の論考~世界はなにでできている?~

さっそく、『論理哲学論考』の冒頭を読んでみましょう。ウィトゲンシュタインは、「世界」とは「事実」の総体だと定義しています。
 

 f:id:amaikahlua:20200109134542j:plain

一、世界は成立していることがらの総体である。
一・一、世界は事実の総体であり、ものの総体ではない。*1
 
例えば「ウィトゲンシュタインは1889年生まれである」とか「今、この記事を書いている時点の甘井カルアの机の上にはペンが置いてある」とかいった具合に、この現実*2で成立していることがらを、「事実」と呼びます。「第71-73代内閣総理大臣を務めた中曽根康弘氏は105歳で亡くなった」とか「明治時代の文豪・樋口一葉の性別は男である」とかいったことがらはこの現実で成立していないので、世界では除外されます。今のところとりあえず、世界は「〈もしも〉の可能性を除外した事実が全て集まってできている」といったイメージで捉えて下さい。
 
ウィトゲンシュタインは、世界は「もの」の総体だと考えていません。「リンゴ」や「田中さんの肉体」のような物体を全て集めても、世界はできあがらないと思っています。この考え方に反発を覚える方はそれなりにいらっしゃるかもしれませんね。世界は物体の寄せ集めだろう、世界はものの総体だと言って何が悪い!みたいな反論が来そう。
 
しかし、物体が全て集まっただけの世界は、「物の状態」や「物と物との関係」や「出来事の真偽」などを閉め出してしまうのです。
 

 f:id:amaikahlua:20200109134837j:plain

世界が物の総体であり、事実の総体ではないとしたら、「ここにリンゴがある」という事実すらも世界には含まれなくなってしまうのだ。*3
 
もしも世界がものの総体だったら、「このリンゴは腐っている」といった物の状態や、「リンゴがカゴの中にある」といった物と物との関係は、世界に含まれない。そんな世界では、「このリンゴが腐っているかどうか」を確かめることもできない。世界は単なる物体の寄せ集めよりも広大だし、現に私たちは世界に単なる物体の寄せ集め以上の事象を見出だしています。だから「世界は事実の総体であり、ものの総体ではない」のです。
 
世界はものの総体ではないというウィトゲンシュタインの哲学は、世界を物質主義的に捉える人たちへの応答に使えるかもしれないですね。『「私」は脳ではない』で物質に偏った物の見方をする科学主義イデオロギーを批判したマルクス・ガブリエルは、2009年にボン大学の記念講演で『論理哲学論考』について言及しています。存在するのは物体だけであると考えるのには、無理があるでしょう。
 

 f:id:amaikahlua:20200109135108j:plainガブリエル(1980~)

 画像出典:https://dokushojin.com/article.html?i=3592&p=5

 それゆえ、世界は、互いに力を及ぼしあいながら変形・変化していく物を保管している巨大な容器ではありません。もしそんなものが世界であるとすれば、事実は存在しないことになってしまうでしょう。なぜならば、事実とは物ではなく、私たちが物や、物の連関について主張できる真理こそが事実だからです。*4
 
ちなみに、「世界は成立していることがらの総体である」という書き出しには、既にウィトゲンシュタイン流の「実在論がよく表れていると(今のところ私は)思っています。このことについては、いずれまた書くつもりです。
 
今回はけっこう堅苦しい話になってしまいましたね。皆様、お疲れ様でしたm(_ _)m

*1:ウィトゲンシュタイン野矢茂樹訳)『論理哲学論考』、岩波文庫、二〇〇三、一三頁。

*2:論理哲学論考』で「現実」がどう定義されているのかは、今後説明する予定です。

*3:古田徹也『ウィトゲンシュタイン 論理哲学論考』、角川選書、二〇一九、三九頁。

*4:ガブリエル&ジジェク(大河内・斎藤監訳)『神話・狂気・哄笑』、堀之内出版、二〇一五、三一七頁。

『論理哲学論考』の論考~なぜ今、『論理哲学論考』なのか?~

明けましておめでとうございます。

 

f:id:amaikahlua:20200101130902j:plain

新年が始まったことを機に、これからこのブログで論理哲学論考の読書記録を綴ろうと思います。テキストは岩波文庫野矢茂樹訳『論理哲学論考』を、副読本は角川選書の古田徹也著『ウィトゲンシュタイン 論理哲学論考』を使用します。
 

なぜ今、『論理哲学論考』なのか?

 
論理哲学論考』(以下『論考』)は、哲学者ウィトゲンシュタインの前期思想を代表する哲学書です。人生に意味はあるのか?」「神は存在するのか?」「魂は不滅なのか?」といった問題に答えを出そうと思っても、私たちは意味のある答えを出すことができない。だから(他の理由もありますが)「語り得ぬものについては、沈黙しなければならない」と説いた、伝説的な名著です。
 
去年の4月に、角川選書から古田徹也著『ウィトゲンシュタイン 論理哲学論考』という『論考』の解説書が発行されました。この本は『論考』の内容を本当にわかりやすく説明しており、平成の終わりに誕生した革命的な入門書だと思います。この本では論理学や数学などの知識が必要な箇所が省略されているので、理系学問が苦手な私のような読み手にも易しい内容になっています
 

f:id:amaikahlua:20200101131409j:plain

『論考』は20世紀の哲学を代表する哲学書だとよく言われますが、一般の読者でもわかりやすい日本語で読める『論考』入門書は今まで少なかったと(私は)感じます。野矢茂樹著『ウィトゲンシュタイン論理哲学論考」を読む』という本がちくま学芸文庫から出ていますが、この本は大学時代、私の知人の間でわかりにくいと評判だった。野矢先生の本に比べて、古田先生の本は実に読みやすいと思いました。
 
私は去年古田先生の入門書を読んで『論考』への理解を深め、古田先生の入門書をもっと広めたいと思いました。密かに進めていた準備が整い、『論考』の論考を書くなら今でしょ!と思ったので、今日から『論考』の考察を始めることにしました。
 

美少女ゲームウィトゲンシュタイン

 
一応解説しますが、ウィトゲンシュタイン美少女ゲームのシナリオに影響を与えた哲学者なんです。ウィトゲンシュタインと関係がある美少女ゲームを、いくつか紹介します。
 

f:id:amaikahlua:20200101131618p:plain

素晴らしき日々~不連続存在~』
『論考』の思想と深い関係を持つ大作。非常に考察のし甲斐がある作品で、この作品を膨大な文章量で考察しているブログさんが検索したらけっこう見つかります。シナリオライターのすかぢさんは、『論考』ウィトゲンシュタインの普及に貢献した功労者だと思う。
 
哲学や量子力学が援用された、難解な作品。作中でウィトゲンシュタインの名前が出てくるし、この作品はウィトゲンシュタインに近いことを言っているという説を某ブログで読みました。『論考』の論考を進めているうちにこの作品も理解しやすくなると信じたい
 

f:id:amaikahlua:20200101131915p:plain

『夢幻廻廊(1,2)』

女装した主人公が、お屋敷に住む女性たちに「調教」されるという変態的な内容の作品。本当に吐き気がするほど変態的な描写があるのに加えて、シナリオの偏差値が非常に高いので「読む人を選びまくる」ゲームである。
 

f:id:amaikahlua:20200101132202p:plain

フロレアール~すきすきだいすき~』
1999年に発売された作品なのだが、後期ウィトゲンシュタイン脱構築の思想の影響が見られるシナリオが注目に値する。この作品も文章が難解ですが、文章の意味を理解すると人生観が変わると思います。少なくとも私の人生観を大きく変えたゲーム。
 
今年はウィトゲンシュタインについてこのブログに書くことが多そうです。勿論哲学の勉強がしたいからという理由もありますが、ゲームの批評に役立ちそうだからという理由が大ですね。こうしてみると、凄く個人的な理由で「今、『論考』!」だと私は思っているんだな(笑)
 
では、今年も宜しくお願いします。