かるあ学習帳

この学習帳は永遠に未完成です

『呪術廻戦0』超考察~愛は生を祝福する~

『呪術廻戦0』は呪術師たちの戦いを描いた漫画で、作品の仕様上「呪い」がテーマになっている。しかしこの漫画では、「呪い」だけでなく「祝福」も描かれていると思う。『呪術廻戦0』は、里香に生を「祝福された」乙骨憂太が、自己の生を「祝福する」ようになれるまでの物語である。
 

f:id:amaikahlua:20220305183514j:plain

『呪術廻戦0』
芥見下々
2018年12月9日初版発行
(C)Gege Akutami 2018
 

凶悪な呪い/強大な祝福

f:id:amaikahlua:20220305183800j:plain

主人公・乙骨憂太は、「里香」という怨霊に呪われている。里香はもともと憂太の彼女だったのだが、交通事故で一旦死亡した。憂太と里香は幼少期に結婚を誓い、固い約束で結ばれていたので、里香は死んだ後でも怨霊になって憂太に取り憑いていた。里香は憂太を愛しているので、憂太に危害を加える者には容赦無く攻撃する。自分に憑いた怨霊が原因で他人が傷付くことを怖れた憂太は、呪術高専「呪いを祓うために呪いを学ぶ」ことになる。
 

f:id:amaikahlua:20220305184320j:plain

憂太は怨霊に呪われているのだが、尚且つ怨霊に生を「祝福されている」と言ってよい。怨霊の里香は憂太がピンチになったら守ってくれるし、憂太が自殺するのも阻止した。つまり憂太は、里香の愛によって強力に生存を保証されているのだ。憂太は里香に愛され、祝福され、生きることを許されている。五条悟は「愛ほど歪んだ呪いはないよ」と語っている。憂太は里香の強大な愛=祝福を受けており、その祝福が結果的に凶悪な呪いに転じているというわけだ。
 

f:id:amaikahlua:20220305184417j:plain

憂太は内向的な主人公で、自分は生きていいという自信を持っていなかった。憂太は怨霊によって生きることを「許されて」いたのだが、自分が生きることを自分で「許して」いなかったのだ。自分の生存を自分で許せなかった憂太は、自分の生を呪っていたと言ってよい。憂太は自らの生を呪っていたから、閉じこもろうとしたし、死のうとした。憂太は呪いを祓うことを学びながら、自らの生を祝福し、自分が生きることを許せるようになっていく。
 
生を呪う者は生きることを否定し許さず、生を祝福する者は生きることを肯定し許す。
 

進化する呪い

f:id:amaikahlua:20220305184600j:plain

『呪術廻戦0』の後半部分からは、夏油傑という悪役が濃密に描かれる。呪術師は呪術を使えない一般の人間=非術師よりも優れていると夏油は考えており、彼は呪術師が社会の表舞台で活躍できない現状を嘆いている。夏油は一般の人間を「猿」だと見下しており、呪術師は一般の人間よりも進化した存在だと考えている。彼は選民を進めるため、非術師を皆殺しにしようと企んだ。
 
非術師は「劣った猿」であり、呪術師は「進化した強者」だというのが夏油の言い分である。おそらく現実世界には、「人間は猿よりも進化しているから優れている」という、夏油に近い見解を持った人間が存在するだろう。しかし人間は本当に、進化しているから猿よりも「優れている」と言い切れるのだろうか?
 
素晴らしき日々』の由岐によれば、動物は常に幸福に生きており、絶望しないらしい。その一方で人間は動物と違って死を想像できるので、絶望するという。
 
由岐「動物は永遠の相を生きている……」
由岐「だから、幸福に生きようとする動物は、いつだって幸福なんだよ……
皆守「動物って死を知らないのか?
由岐「当たり前じゃない?
皆守「なんで?」
由岐「だってさ、本当は誰も死なんて知らないんだからさ」
皆守「誰も?」
由岐「そう、誰も死なんて知らない……死を体験した人なんかいないんだからさ……」
由岐「死は想像……いつまで経っても行き着くことの出来ない……
由岐「人は死を知らず……にも関わらず人は死を知り、そしてそれが故に幸福の中で溺れる事を覚えた……
由岐「絶望とは……幸福の中で溺れる事が出来る人にだけ与えられた特権だな
 
この「動物と人間」の違いを、「猿と人間」の違いに置換して考えてみよう。猿は人間と違って(たぶん)死を知らない動物なので、常に幸福に生きることが許されている。一方、人間は死を怖れ、自分が死という呪いをかけられていることに絶望する。こう考えてみると、人間は猿よりも進化しているかもしれないが、自分の生が死に呪われていることを知っているぶんだけ、幸福に生きられないことになる。
 
人間は猿よりも進化しており、呪術師は呪術が使えない人間よりも進化している。しかし猿→一般の人間→呪術師へと進化するにつれて、呪いの割合がどんどん濃くなっていると思う。人間は猿から進化することによって、自分の生が死に呪われていることを知った。そして呪術師は呪いが使えるように進化したことによって、呪術によって世界を直接呪えるようになった。このように猿の進化が呪いも進化させることは、喜ばしいことだとは思えない。
 
猿の進化が呪いを発展させるにも関わらず、夏油は呪い合うことを肯定した。
 

命を許されている

f:id:amaikahlua:20220305185115j:plain

憂太と夏油の最終決戦を考察しよう。憂太は自らの命を生け贄にすることにより、呪力の制限を解除して夏油に立ち向かった。憂太本人が「純愛だよ」と公言している通り、憂太と里香は愛情を呪いに変換して」最後の一撃を放った。対する夏油は猿=非術師への「憎悪を呪いに変換して」応戦した。つまりこの最終決戦は、愛情と憎悪のぶつかり合いだったと言えるだろう。もっとも夏油には非術師への憎悪だけでなく、彼なりの崇高な使命があったのだけれども。
 
呪いが解けた憂太は、自分を祝福し、自分が生きることを許せるようになりながら日常に帰っていく。里香に生きることを「許されて」いても自分が生きることを「許す」ことができなかった憂太は、死のうとした。しかし里香と離別しても自分が生きることを「許す」ことができるようになった憂太は、力強く生きていいのだ。彼の指は、里香から受け取った婚約指輪で飾られている。
 

f:id:amaikahlua:20220305185440j:plain

この婚約指輪は、憂太が里香から愛を、生の祝福を、受け取った証拠だ。