かるあ学習帳

この学習帳は永遠に未完成です

「史上最悪のトゲピー!」考察~カオスからコスモスへの加速~

2009年9月10日に放送されたテレビアニメ版ポケモン史上最悪のトゲピー!」は、伝説的な「カオス回」としてヲタクの間で知られている。この回には他者を罠に陥れることを楽しむトゲピーとかいうポケモンが登場し、史上最悪のトゲピーの悪意に善人と悪人が翻弄される。この回はようつべで無料配信されているので、未視聴のお客様はこの機会に是非、上記の動画をご覧になって下さい。
 

カオスからコスモスへの旅立ち

主人公・サトシ達は悪役・ムサシ達の陰謀により、悪の組織ロケット団の秘密基地に幽閉されてしまう。しかし秘密基地の中には、経路は不明だが謎のトゲピーが侵入していた。このトゲピーは一見すると純粋無垢な赤ちゃんのような外見をしているけれど、常識では考えられないくらい性格が邪悪だった。トゲピーは秘密基地の内部をグチャグチャにかき回し、狡猾な謀略を用いてムサシ達をサトシ達と同じ牢屋の中に幽閉するのを楽しんだ。トゲピーは小悪党であるムサシ達を上回る悪党であり、主人公組も小悪党組もトゲピーの掌の上で踊らされることになる。
 

トゲピーは自分の「みがわり」を作り出してサトシ達を翻弄し、憤激したニャースを筆頭とするオスのポケモンを「メロメロ」で手籠めにしてしまう。本来は善良であるはずのピカチュウポッチャマすらもトゲピーの媚態に誘惑され、トゲピーの下僕として仕えるようになる。トゲピーニャースピカチュウを使役し、秘密基地の超次元最終システム」を作動させた。超次元最終システムによって秘密基地はロケットに変形し、サトシ達を収容したまま宇宙へ出発した。
 
ここまでのあらすじだけでも、この回が恐ろしくカオスに満ちていることがある程度伝わったかと思う。しかしこの回はカオス(混沌)だけに留まらず、混沌の先の広大なコスモス(宇宙)すらも出現させたのだ。
 

悪意が幸せを分け与える

トゲピーはロケットを利用して宇宙の果てに進出しようとしたものの、宇宙を飛行する伝説のポケモンレックウザの破壊光線によってロケットは撃墜される。ふざけた茶番のような回であるのに加えて、伝説のポケモンがしれっと出演している所が馬鹿馬鹿しさに拍車をかけている。しかも宇宙戦艦ヤマト』『新世紀エヴァンゲリオン』『ヤッターマンをあからさまにパクった作画演出があり、制作サイドが俺たちのやりたいアニメ」を好き放題に作っていることが窺える。
 
墜落したロケットは何とか着陸し、トゲピーは反省せずに疲れたから帰る」という自己中心的な理由で立ち去った。ここまで最悪なトゲピーに振り回されたのだから、サトシはおそらく大層気を悪くしてるだろうなと思いきや……事態は逆であった。なんとサトシは、超次元最終システムによって宇宙を冒険することを楽しんでいたのである!
 

サトシ「でも俺、宇宙に行けてちょっと感動したなあ!
ピカチュウ「ピカピカ!」
 

しかも墜落したロケットが大破したので、小悪党のムサシ達は瓦礫の中に閉じ込められて物語は終幕した。つまりトゲピーとかいう史上最悪で反省しないポケモンの悪意が、善人であるサトシを感動させ、小悪党であるムサシ達を懲らしめる結果になったわけだ。ポケモン図鑑では、トゲピー優しい人に幸せを分け与えるポケモンだと説明されている。この回のトゲピーは優しいサトシに善意によって幸せを分け与えるのではなく、悪意によって幸せを分け与えたのだ!
 

悪いことが悪いとは一概に言いきれない

この回を視聴していると、「悪意は一概に“悪い”とは言い切れない」ということがよくわかる。しかもトゲピーの悪意は善人を幸せにして悪人を不幸にしたので、史上最悪の悪意が生半可な善意よりも世界を改善するのに貢献したことになる。ちなみに私はこの回とは大体逆のパターンで、生半可な善意が史上最悪の結果をもたらす」場合もあることを指摘しておきたい。
 
宮台真司『終わりなき日常を生きろ』で、「さまよえる良心」というキーワードを提示している。現代では「良きこと」が不透明なので、良心がある人でも「何が良いことなのか」を判断しづらい。その結果衆生を救済する名目を掲げるオウム真理教に良心がある人々が導かれ、マインドコントロールされた善人が地下鉄にサリンを撒いたのである。
 
今、とある国のとある政党の党員の多くが、とある新興宗教に協力していたことが話題になっている。もしかしたら党員の中には、もともとは「この国を良くしたい」という良心がある政治家が存在していて、その良心に従っている成り行きで新興宗教に加担する結果になったパターンもあるのではないかと思う。このように、善意がある人間が良いことをしようとした結果、社会がとても悪くなる可能性は看過できない。
 

この世の中は、「悪意が悪い結果をもたらし、善意が良い結果をもたらす」という単純な理屈で動いていない。逆に「悪意が良い結果をもたらし、善意が悪い結果をもたらす」場合も存在する。そして良い結果が連鎖した末に悪い結果が出る場合があるし、悪い結果が連鎖した末に良い結果が出る場合もある。史上最悪のトゲピー!」のカオスは、ショボい秩序に収まった月並みな倫理観を破壊する、途方もない暗黒の力なのである。
 

史上最高の加速主義SF作家

「史上最悪のトゲピー!」の脚本を書いた米村正二さんは、『仮面ライダーカブト』のメインライターも担当した。俺は訓練されたポケモンヲタク兼仮面ライダーヲタクなので、「史上最悪のトゲピー!」と『劇場版仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVEが両方とも米村脚本加速主義SFだってことにちゃんと気付いている。
 
「史上最悪のトゲピー!」ではトゲピーの悪意によってロケットが宇宙に飛翔し、劇場版カブトでは秘密機関ZECTの野心によって起動エレベーターが宇宙ステーションに接続される。つまり米村さんは、ポケモン仮面ライダーで「悪によって宇宙へと加速する想像力」を解放しているのだ。そして宇宙規模の加速が臨界点に到達すると、世界が救済される筋書きも共通してるんだな、これが。さらに「史上最悪のトゲピー!」にはヤマト・エヴァヤッターマンのオマージュが含まれていて、劇場版カブトではガンダムエヴァのオマージュが含まれている。両作とも過去の名作SFアニメの意匠を貪欲に吸収しているのだ。
 
「史上最悪のトゲピー!」と劇場版カブトは実質姉妹品だと思うし、史上最高の加速主義SF作家・米村正二ゼロ年代に残した人類には早すぎたオーパーツみたいな映像作品なんだよ。米村さんは仮面ライダー界隈ではアンチが多いけど、彼には呪われた妖刀みたいに鋭利な才能があると私は確信している
 
米村脚本のおそろしく速い想像力……オレでなきゃ見逃しちゃうね!

加速主義SFとしての『劇場版仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』

最初に言っておく。『劇場版仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE(以下、劇場版カブト)は、人類には早すぎた加速主義SF映画だと私は思っている。劇場版カブトでは、TV版と同様に、仮面ライダー加速装置「クロックアップシステム」を用いた戦闘を行う。さらに劇場版では巨大加速装置を使用した宇宙開発が行われ、宇宙空間でのライダーバトルが展開する。そして物語は加速の果てに、「加速と減速を使い分ける」という思想に到達する。
 

加速する闘争の果てに

劇場版カブトの冒頭では、巨大隕石が地球に衝突し、世界は荒廃する。地球上の水資源は枯渇し、隕石の中から大量の地球外生命体「ワーム」が湧き出てきた。この冒頭で描かれる世界の終末は、『エヴァンゲリオンシリーズの「セカンドインパクト」を意識してると思う。エヴァセカンドインパクトによって「海水面が上昇した世界」が舞台になってる一方、劇場版カブトは隕石衝突によって「海水が干上がった世界」が舞台になってるのよ。ちなみに劇場版カブトの隕石の場面は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『君の名は。』との関連性も指摘されていて、この辺の問題を詮索してみると沼にハマりそうな感じがするね。
 

仮面ライダーカブトに変身するのは、水嶋ヒロが演じる主人公・天道総司である。天道は自分のことを、その名の通り天の道を往き、総てを司る男」だと自称する。天道は劇場版カブトで軌道エレベーターに乗り込み、全てのヘゲモニー(覇権)を掌握する」という、自分の名前にふさわしい活躍をするのである。
 

ZECTゼクトとかいう作中の秘密機関は、地球の水資源を確保するために「天空のはしご計画」を実行した。地上と宇宙を結ぶ軌道エレベーターを建設し、宇宙ステーションの加速装置を使って巨大な移送空間を作り、氷のかたまりである彗星を地球上に転送する。そうすれば地球の水資源は再生し、世界は救済される。つまり劇場版カブトでは、天空に向かって生える軌道エレベーターが文字通り「天の道」になってるわけなのよ。
 

しかしZECTは「天空のはしご計画」を慈善事業でやってるわけではなく、支配力を増加させたい野心で実行していた。劇場版カブトにはZECTに反旗を翻すネオZECTとかいう野党みたいな組織が現れたり、各陣営に陰謀や裏切りがあったりして、色々きな臭い感じになっている。その流れで仮面ライダー同士が時に加速装置を用いた超高速ライダーバトルを行い、多くのメインキャラが死にまくるんですわ~(苦笑)
 

劇場版カブトの終盤ではZECTの野望を阻止するため、天道と彼の相棒・加賀美仮面ライダーに変身して軌道エレベーターを上った。加速装置を使って宇宙ステーションに到達した二人の主人公の前にZECTの用心棒・仮面ライダーコーカサスが立ちはだかる。コーカサス超加速装置「ハイパーゼクター」を使い、通常の加速装置を超えた速度で戦うことができる。しかし天道は苦戦しながら、コーカサスからハイパーゼクターを奪うことに成功する。
 

天道は敵から奪ったハイパーゼクターを使って、仮面ライダーカブトハイパーフォームに進化した。カブトハイパーフォームは超加速を行うだけでなく、時間を巻き戻すこともできる。カブトハイパーフォームは時間を巻き戻し、巨大隕石が落下した過去の歴史を改変した。カブトハイパーフォームの時間巻き戻し能力は、加速の対極にある減速(?)だと本稿では解釈したい。劇場版カブトでは加速装置を使った戦闘や競争が激化した後、天道が「加速と減速を自在に使い分けられる」ようになって大方の問題が一応解決した。
 

加速主義・減速主義・脱成長・気候変動問題の豪快な解決

劇場版カブトが放映されたのは2006年で、その10年ぐらい後の論壇で「加速主義」が注目されるようになった。現代思想2019年6月号で加速主義特集が組まれたり、同年に『ニック・ランドと新反動主義』が発売されたり、去年宮台真司の『崩壊を加速させよ』が発売されたりした。加速主義には色々な流派があり、私は経済学や社会学は専門外である。そんな私なりにざっくりと要約すると、資本主義や技術革新を加速させ、現代社会の行き詰まりを突破しようぜ!」という考え方が加速主義であろう。
 

しかし2020年に斎藤幸平さんの『人新世の「資本論」』が注目され、「減速主義」「脱成長」という考え方も広まった。斎藤さんは加速主義に反対し、経済成長を減速させて持続可能な社会にしていこうと提言している資本主義が発展すると格差が拡大し、技術革新が発展すると地球環境が悪化する恐れがあるなどの理由で資本や技術を無闇に成長させるのはやめようぜという思想が「減速主義」「脱成長」である。
 
ようつべで加速主義に関する動画を漁っていると、宮台さんや斎藤さんに加えて、ホリエモンひろゆきみたいな「天才インフルエンサーたちが激論を交わしていた。このまま経済や科学を加速させてもいいのか?成長という発想を捨てるべきなのか?インフルエンサーから程遠い私はただ「アッアッ」としか言えない。ただ、これだけは言わせて欲しい……
 
「今加速主義者や減速主義者が話し合ってる問題について、2006年の劇場版カブトがそれっぽい解決策みたいなものを出してますよ」と。
 
劇場版カブトは、「激化する宇宙開発の末に、仮面ライダーカブトが加速装置と減速装置を使い分けられるハイパーフォームに成長することによって、気候変動から人類を救う」という結末になっている。ヒャッハー、この結末なら加速主義も減速主義もそれなりに正しいことになるし、成長も諦めないで済む。しかも気候変動も阻止できたから最高!劇場版カブトの解決策は現実離れしすぎていて、そのまま参考にはしづらいと思いますが(苦笑)、天道は加速主義の文脈でも「総てを司る男」だと思うんですよ。
 

恐ろしく速い想像力

宇野常寛ゼロ年代の想像力』『リトル・ピープルの時代』とかいう本がある。この二冊は仮面ライダーを文芸評論みたいな口調で解説した本で、小学生並の感想に甘んじない意識高い系のヲタクの間で愛読されている。この二冊では『クウガ』や『555』とかの解説は充実してるのだが、不思議なことに『カブト』については殆ど書かれていない。まあ仕方無いかもしれない。カブト』はこの劇場版に比べてTV版の出来が良くなかったので、宇野さんは気の利いたことが言いづらかったのだろう。
 
さらに『カブト』は宇野さんの言う「ゼロ年代」や「リトル・ピープルの時代」よりもさらに先を行く想像力で作られた作品なので、宇野さんの視点では長所を見出しにくいだろう。日本の批評界隈で「加速」というキーワードが真剣に重視されるようになったのは2010年代後半ごろだと推定されるので、加速装置を用いた超高速ライダーバトルに着目した『カブト』の鋭さは、宇野さんの守備範囲を超えていたのだと思う。つまりこの『カブト』とかいう作品自体の想像力が、人類には早すぎる領域まで「加速」していたのである。
 
仮面ライダーカブト』のおそろしく速い想像力……オレでなきゃ見逃しちゃうね!

『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』が描いた「地上波では放送できない純愛」の構造

『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎は『仮面ライダー龍騎』の後日談で、『龍騎本編から17年後の2019年での殺し合いを描いた作品である。この『RIDER TIME 龍騎』は地上波では放送されず、ビデオパスでネット配信された。脚本を担当した井上敏樹さんは地上波では放送できないくらいのディープな世界」を志向したという。
 
この作品では男同士のベッドシーンが唐突に始まるので、ヲタク達は大きな衝撃を受けた。しかもこの強烈なベッドシーン以降の展開がボーイズラブドラマとして実に良く出来ていて、BL界隈に疎い私でも勉強になる内容だった。さらに後半では同性愛と異性愛を通じて「殺人による愛情表現」を開拓していて、これを観た後は地上波が物足りなくなるくらい性癖が破壊されるぞい、未視聴の人はツタヤとかで借りて観れ!。
 
(今回は内容がけっこう過激なので、BLとかに興味が無い人は気を付けてくれ!)