かるあ学習帳

ヲタクコンテンツと学問をエンジョイするブログ

カミュ『異邦人』の考察~母への愛情編~

f:id:amaikahlua:20190208182315j:plain

『異邦人』
アルベール・カミュ(窪田啓作訳)
1954年初版発行
 
今回は、前回に引き続きカミュの小説『異邦人』の考察です。強烈な性格の持ち主である主人公・ムルソーが母親に対して抱いた愛情を考察してみます。
 

不可解な言動をする男

 
『異邦人』の物語は、次のような冒頭の文言から始まります。この小説、冒頭からいきなり度肝を抜かされますねw
 

 きょう、ママンが死んだ。もしかすると、昨日かも知れないが、私にはわからない。(p.6)

 
ムルソーは、母親が死んでも、母親がいつ死んだのかをちゃんと記憶していません。この文言だけを読むと、「ムルソーは母親の死をどうでもいいと思っているのだろうか?」と疑ってみたくなりますよね。しかし次のページでは、ムルソーは母親の死体置場に赴きながらこう思っています。
 
 養老院は村から二キロのところにある。私はその道を歩いた。すぐにママンに会いたいと思ったが、門衛は院長に会わなければならない、といった。(p.7)
 
上述の引用箇所の「すぐにママンに会いたいと思った」という表現が、私の心にはものすごくひっかかりました。母親の遺体が安置されている死体置場にすぐ行きたいという気持ちが、ムルソーにはちゃんとあるみたいなんですね。冒頭の文章からムルソーには母親に対する関心がないものと予想していた私にとっては、これは意外でした。
 
しかしムルソーは死体置場に着いても死んだ母親の顔を見ようとしなかったし(p.11)、母親が死んでも終始涙を流さず冷静だったし、母親の死の翌日に海水浴に行きました(p.26)。
 

常識に従わず母を愛した男

 
いったい、ムルソーは母親の死に対して驚くほど冷淡に思える反応を示したのに、なぜすぐに死んだ母親に会いたいと思ったのでしょうか?カミュ本人の言葉をヒントにして考えてみましょう。
 

   f:id:amaikahlua:20190215214206j:plain

ムールソオが母親の顔を見たくないという、これはムールソオが死人の顔を見て、けつ別するというような、一つの社会の常識ないし主観に従う必要を自分に感じないからで、また自分の感じた以外のことは言いもせず、やりもしないからで、それだからと言ってムールソオがそれ程母を愛していない、とは言えない。彼は彼なりに、彼の思うように、自由にその母を愛している。ところが人間社会では、その習慣に従わないものは危険視され、ついには社会の名において公然と殺されるのです。*1
 
この発言から、ムルソー「自分の感情に忠実で、社会が彼に期待するのとは違ったやり方で母親を愛した男」であることが読み取れますよね。ムルソーは母親の死体置場に赴くとき、愛する母親にすぐ会いたいという感情や衝動に忠実に従ったのだと思います。ムルソーには母親を愛する心があったのですが、「母親が死んだら母親の死顔を見て泣く。葬式の後には遊びに出掛ける気にはなれない」という社会の常識に、ムルソーは適応しなかったのです。
 
ムルソーの行動〉だけを見て常識的に判断すると、ムルソーは母親の死に対して異常なほど冷淡だと思えます。しかし、〈ムルソーの心情〉をしっかり読むと、ムルソーは母親をちゃんと愛しているということが読み取れます。例えば、ムルソーは予審判事に次のように言っています。
 
(中略)彼(※注:予審判事です)はなお二、三の質問をしたいと言った。引き続き同じ調子で、母を愛していたか、と彼は私に尋ねた。「そうです。世間のひとと同じように」と私は答えた。(p.86)
 

常識に裁かれた男

 
ムルソーは、一般大多数の人々と同じように、母親を愛していました。でもムルソーは、常識人が期待するような態度でその愛を示さなかったのです。ムルソーが殺人の罪で裁判にかけられたとき、検事は一見すると冷淡に見えるムルソーの行動を非難しました。
 
陪審員の方々、その母の死の翌日、この男は、海水浴へゆき、女と情事をはじめ、喜劇映画を見に行って笑いころげたのです。もうこれ以上あなたがたに申すことはありません」(p.120)
 
『異邦人』の裁判の場面を読んでいると、私はニトロプラスエロゲー沙耶の唄』(またかよw)のとある会話を思い浮かべます。『沙耶の唄』で凉子は、常識人の耕司にこう語っています。
 

f:id:amaikahlua:20190215214614j:plain

「なあ戸尾くん。君は警察の仕事についてひどく勘違いしてる。彼らの職分は正義を貫くことでも、市民の安全を守ることでもない」
「そ、そんな」
「不条理な物事について、きちんと条理に沿った体裁を整えるーこれが警察っていう役所の仕事だ。彼らの思考はいつだって、より理解しやすい方、より説明しやすい方に傾いていく。それこそ水が低い方へ低い方へと流れていくように。
 事実がどうあろうと彼らには興味ない。彼らが関知するところではないんだよ。小説より奇なる事実、なんてものは」
 
上述の会話に出てくる警察は、『異邦人』の検事にかなり近い集団だと私は考えています。『異邦人』の検事も『沙耶の唄』の凉子がいう警察も、不条理な事件を常識的に回収しようとするだけで、事件の本質を見ていません。
 
『異邦人』の検事は〈ムルソーの心情〉を十分に理解せず、常識や習慣に従わない〈ムルソーの行動〉を槍玉にあげてムルソーを審問しました。ムルソーは正義によって裁かれたというよりは、常識によって裁かれたというべきだ。私はそう思っています。最後に、芥川龍之介箴言を引用して筆を置くことにしましょう。
 
危険思想とは常識を実行に移そうとする思想である。
                      ―芥川龍之介侏儒の言葉
 
〈関連記事〉
私立さくらんぼ小学校エロゲー『少女と世界とお菓子の剣~Route of ICHIGO 1~』では、事件の形式だけを追求していて事件の関係者の心をないがしろにしている推理小説が批判されている。

*1:三野博司『〈増補改訂版〉カミュ「異邦人」を読む』、彩流社二〇一一、一八六頁。

カミュ『異邦人』の考察~ムルソーの性格編~

f:id:amaikahlua:20190208182315j:plain

『異邦人』

アルベール・カミュ(窪田啓作訳)
1954年初版発行
 
私は最近、フランスのノーベル賞作家アルベール・カミュの小説を読んでいます。私はカミュの崇高な理念を理解するためにカミュの小説を読んでいる…のではなく、これから発売されるエロゲーの評論を書くための材料として読んでいます(苦笑)。
 

f:id:amaikahlua:20190208182652j:plain

(C)KAI
いや、なんでも、来月の末に『青い空のカミュっていうエロゲーが発売されるそうなんですよ。公式サイトのコラムによると、このエロゲーカミュの文学から着想を得た作品だそうです。このエロゲーのサンプルCGはとても美しいと感じますし、ライターの〆鯖コハダさんはなかなか博識な方だとお見受けしました。うん、『青い空のカミュ、期待できそうです。
 
…ってなわけで今回はカミュの代表作『異邦人』を考察します。『異邦人』については論点がたくさんあるので、とりあえず主人公・ムルソーの性格に的をしぼって見ていくことにしましょう(・∀・
 

ムルソーの無関心と関心

 
『異邦人』の主人公・ムルソーは、社会のしきたりに従わずに自分の性格に対してバカ正直に生きた男です。ムルソーの言動を社会は許さず、ムルソーは社会によって抹殺されてしまいました。
 
ムルソーの家の隣人であるレエモンはムルソーと友達になろうとしますが、ムルソーは「私にはどうでもいい」と思います。(p.43)
ムルソーの彼女であるマリイはムルソーに「あなたは私を愛しているか」と尋ねますが、ムルソーは「それは何の意味もないことだが、恐らく愛していないと思われる」と答えます。(p.46)
ムルソーの職場の上司はムルソーに野心がないことを注意しますがムルソーは野心を無意味だと思います。(p.54)
・マリイはムルソーに結婚を提案しますが、ムルソーは結婚には何の重要性もないと答えます。(p.55)
・判事はムルソーに神を信じているかどうか尋ねますが、ムルソー信じないと答えます。(p.88)
ムルソーは司祭に、もう一つの生活や金持ちになることや早く泳げることや形のよい口許になることを望むのは無意味だと言います。(p.152)
 
一般大多数の人々は「友情」や「恋愛」や「出世」や「結婚」などに意味を見いだしますが、ムルソーはこれらのことがらに無関心です。ムルソーの無関心な性格は、『異邦人』のラストを考えるうえで重要な用件だと私は考えています。
 
ムルソーは多くのことに無関心な人間ですが、すべてのことに完全に無関心な人間ではないようです。死体置場の門衛の話をムルソーは面白いと思いましたし(p.12)、ムルソーがマリイの話に興味を持つ場面もあります(p.56)。
 
ムルソーが特に関心を持つのは、女の肉体です。ムルソーはマリイと海水浴をしたり映画を見たりする途中で、マリイの胸を触ります(pp.26-27)。マリイの扇情的な外見を見たムルソーが性欲を覚える場面もあります(p.44,46,95)。牢屋に入れられたムルソーは、激しい性欲に苦しみます(p.98)。
 
ここまでの材料から判断すると、ムルソーの性格はすべてのことに無関心ではないが、一般大多数の人々が強く関心を持つことがらの多くに関心を持たず、性欲が強い」というものです。いやあこの主人公、なかなか強烈な性格をしていらっしゃるwムルソーは自分の本性を偽って社会に溶け込もうとするタイプの人間ではありませんでした。カミュはこう言っています。
 
『異邦人』の悲劇は、自分に正直であろうとするものの悲劇なのです。(中略)人間の社会では、その習慣に従わないものは危険視され、ついには社会の名において公然と殺されるのです。(中略)この作で私の言おうとしたことは、うそを言ってはいけない自由人はまず自分に対して正直でなければならない、しかし真実の奉仕は危険な奉仕であり、時には死をとした奉仕であるということです。*1
 
カミュは自分を偽らないムルソーのような生き方を肯定しているのですが、ムルソーのような生き方は危険を伴うものだと断じてもいます。私は『異邦人』を読んで、ニトロプラスエロゲー沙耶の唄の「病院エンド」の文言を思い浮かべました。
 

f:id:amaikahlua:20190208184725j:plain

 僕が体験してきたことは確かに現実だ。が、それはこの部屋の外の世界とは折り合いのつかない現実なのだ。だから先生はこの小さな空間を切り分けて、僕だけのために与えてくれた。僕が僕の現実を生きる場所として。
 哀しいが、仕方ないことだと思う。より大勢の人が信じる大多数の現実で、この世界は成り立っている。その枠からはみ出た場所に僕は踏み出してしまったのだ。
 
『異邦人』のムルソーも『沙耶の唄』の郁紀も、一般大多数の人々と常識や習慣を共有することができなかった男だと思います。常識や習慣を共有しない人間に対して、社会は冷淡ですね(>_<)
 
〈関連記事〉
↑この記事を書き終わって他の方々の考察を読んでいるうちに気付いたのですが、この記事の内容はこちらのブログさんの記事とだいぶ似てますね…
このままだとこの記事がパクリみたいに思われるでしょうから、次回はムルソーの母親への愛について考察して差別化を図ろうと思います。では、今回はこの辺でノシ

*1:三野博司『〈増補改訂版〉カミュ「異邦人」を読む』、彩流社二〇一一、一八六頁。

ブログの方向性変えます宣言!!(笑)

f:id:amaikahlua:20190205144257j:plain

今の私「問題 お前のブログは評価される。○か×か?」

過去の私「○!!!」
 

f:id:amaikahlua:20190205144530j:plain

今の私「答えは×。」
(不正解のブザー)
 

f:id:amaikahlua:20190205144633j:plain

過去の私「アアッ!?グアアアーッ!(爆死)」
 
…というわけでみなさん、こんにちは!甘井カルアです!!
私は今年から、このブログで美少女ゲームの評論を書くようになりました。
私立さくらんぼ小学校論(前編・後編)も『沙耶の唄』の考察も、一生懸命がんばって書きました。
それでがんばったぶんの反響があったかというと…
ほとんど反響がありませんでした!!!(爆笑)
 
ぶっちゃけた話をすると、私は
に憧れてはてなブログを始めました。
こうした方々のようにノベルゲームの評論をブログに書いて読者を集め、あわよくばこうした先達の方々とも交流してみたいなあと正直思っていたのです。
ですが実際にブログを書いてみて、先達の方々のやり方を自分なりに真似して私が成功する可能性は現時点でとても低いという厳しい現実を見ているところです(苦笑)
 
私は今、
・先達の方々に倣ったやり方でブログを盛り上げること
・先達の方々と交流すること
を諦める決心をしました。
…っていうか、実際無理でしょw
 
さらにぶっちゃけた話をすると、私は
「ヲタクコンテンツや学問に興味があり、クッソ長い文章につきあってくれて、自分用のはてなブログを持っている人」
を読者として想定しながら今までの記事を書いてきました(赤面)
冷静に考えてみるとこいつどんだけ思い上がってるんだよって話ですよ。
世の中には私とは違ったことに興味をお持ちの方がたくさんいらっしゃるし、みんな私のクッソ長い文章につきあう気になんてなれないですよね。
今までの自分のブログには大多数の他人への配慮が足りていなかったなあと心から反省しております。
 
スガシカオの『Progress』という曲に、
ねぇ ぼくらがユメ見たのって
誰かと同じ色の未来じゃない
誰も知らない世界へ
向かっていく勇気を
“ミライ”っていうらしい
という歌詞がありますが、この歌詞は今の自分には染みますねw
今後はブログの編集方針を大幅に変え、昔から憧れていた方々のやり方を真似してブログで反響を得ようとするのはもうやめようと思っています。
これからは自分にしかできないやり方で自分の未来を切り開いていこうと思います!!!
(本心)「あああ!!畜生!ノベルゲームに興味がある方々とブログで交流したかったなあ!でもぜんぜん反響ないから無理だわ!マジ悔しいなあ!あああ!!

f:id:amaikahlua:20190205152137j:plain

ゲーム版/小説版『沙耶の唄』の考察

f:id:amaikahlua:20190201143951j:plain

沙耶の唄

イラスト:中央東口
2018年発行
 
私は小説版『沙耶の唄』を読み、『沙耶の唄は考察するに値する傑作だと確信した。ついでに昔プレイ済みのゲーム版『沙耶の唄を久しぶりに再起動し、『沙耶の唄』に改めてハマった。私は今、沙耶の唄』を語りたくてたまらない。これから『沙耶の唄の話をしよう。
 

沙耶の唄』ってなんだ?

 

f:id:amaikahlua:20190201144231j:plain

沙耶の唄』をご存じない方のために、まずは『沙耶の唄とは何なのかについて説明しよう。『沙耶の唄の原作はグロテスクな表現に定評がある18禁美少女ゲームで、2003年に発売された。この作品の作風は、シナリオもイラストも美少女ゲームの王道から大きく逸脱している沙耶の唄』は美少女ゲームの王道をいく作品ではないが、ホラー映画の王道をいく作品である。沙耶の唄は15年の歳月を経て、2018年に小説版が刊行された。
 
沙耶の唄』の主人公・匂坂郁紀は交通事故の後遺症で知覚障害を負い、身の回りにあるものが醜悪な臓器や怪物に見えるようになってしまう。郁紀は醜悪な世界の中で、唯一まともな人間に見える少女・沙耶との恋愛関係を深めていく。特異な設定の中で、この作品だからこそ描ける愛の形が紡ぎ出される。この作品で郁紀が認識する世界はきわめて個人的なものだし、郁紀と沙耶の恋愛の行く末は世界の命運を左右する。沙耶の唄は、サブカル批評用語を借用すれば「セカイ系に属する作品だといってよいだろう。
 
小説版『沙耶の唄』の文章は、原作のゲーム版の文章を忠実に再現している。というか、小説版の文章の9割くらいはゲーム版のコピペである(笑)。小説版『沙耶の唄』では、なんとゲーム版の文章だけでなく「選択肢」まで小説化されている。原作のイメージを壊さないことは大事なことだが、いくらなんでも選択肢まで小説化する必要はなかったんじゃないか(苦笑)。ゲーム版では登場人物が旧式の携帯電話を操作する場面があるが、小説版では操作する端末がスマホに変更されている。小説版で小道具を時代に合わせて改変した配慮は高く評価したい。
 
ゲーム版『沙耶の唄』には、俗に「開花END」「耕司END」「病院END」と呼ばれる3つの結末が用意されている。小説版の結末は、「開花END」と「耕司END」の内容を組み合わせたオリジナルな結末になっている。これから『沙耶の唄』の結末に関する考察を試みたい。
 
 
(↓ここからはゲーム版と小説版のネタバレを含みます↓)
 
 

【特撮】仮面ライダー電王の研究 #1~16話

f:id:amaikahlua:20190119211832j:plain

 

私は東映特撮YouTube Officialで、仮面ライダー電王を毎週タダで観ています。電王は深く考えなくても普通に楽しめる作品ですが、特異点タイムパラドックスなどの設定を理解するのが極めて難しいと思います。
 
そこで私は、作中で言及された設定を整理しながら電王を観ています。とりあえず第16話までのところで4人のイマジンが揃ったので、第16話までに言及された設定をまとめてみました。記事の後半では、第11話・第12話のタイムパラドックスについて解説しています。ネタバレすると未見の方がつまらない思いをしそうな設定は伏せ字にしてありますので、ご安心を。
 

設定まとめ

 
第1話
・良太郎が不良に対して暴走したモモタロスを抑え込んだのは、ハナにとって信じられないことだった。(おそらくこの時点でハナは、良太郎が特異点だと思わなかったのだろう。)
良太郎は、「特異点」と呼ばれる特別な存在である。特異点なら、電王に変身できる。
特異点は、イマジンにとって(モモタロスにとっても他のイマジンにとっても)不都合な存在である。
第2話
イマジンは、未来から2007年にやってきた。イマジンは、憑依した人のイマジネーションを利用して自分の体を作る。
イマジンは憑依した人の願いを叶える代わりに、その人の「過去の時間」を奪う。
デンライナーが走っている砂漠は、「時間の中」である。良太郎とハナには、イマジンから時の運行を守る使命がある。
イマジンは過去を変えて、現在と未来を変えようとしている。
・謎の男は電王が訪れる過去に一足先に到着しており、電王がやってくる時間を確認しているようだ。
第3話
・ハナはデンライナーのオーナーと「契約」して、イマジンを追っている。
・チケットまたはパスがない者は、何人たりとも時を越えてはならない。
第4話
・ちょっとした改変があった程度なら、時の運行に変化は起こらない。
第6話
デンライナーがなくなったら、良太郎たちは一生時間の中をさまようことになる。
特異点に憑依したイマジンは、自由に動けなくなる。
・パスを持たない者は、時間の中を永遠にさまよい続ける。
第7話
デンライナーには、時として乗客が訪れる。
デンライナーのオーナーには、「乗車拒否」という最終カードがある。
第8話
・愛理は、茶店に置いてある望遠鏡の思い出をよく覚えていない。
第9話
デンライナーは、「時間の狭間」であるトンネルを通過することがある。過去に改変が行われると、デンライナーがトンネルを通過することがある。(トンネルは、改変される前の時間の残骸だろうか?)
・いったん時の運行が変わったら、その衝撃はとてつもなく大きい。
・ハナは、本当にイマジンを毛嫌いしている。
デンライナーがトンネルを通過しているときは、イマジンは良太郎やハナと交信できない。
・良太郎は、偶然(?)自力ですごい力を発揮することがあるらしい。
ハナは、どこの時間の人間でもない。
第10話
ハナは、イマジンたちが時の運行を変えたせいで消滅した未来の住人であった。そのため、ハナには本来いるべき時間がない。
・イメージが暴走したとき、イマジンは巨大化する。
ハナは、特異点であった。ハナは特異点なので、どんな時間の干渉もハナの存在に影響しない。(そのため、ハナが本来いるべき時間が消滅しても、ハナは存在し続ける。)
第13話
モモタロスやウラタロス、キンタロスは、他のイマジンの気配を察知できる。
リュウタロスは、良太郎を倒さなければならない。
・希望が原の星が見える丘は、愛理と謎の交際相手の思い出の場所である。
・愛理は、謎の男と同じ懐中時計を持っている。
第14話
・イマジンの頭の中には、イマジンのやらなければならないことが勝手に入ってくる。
リュウタロスが良太郎を倒したら、リュウタロスは時の列車の車掌になれると何者かはリュウタロスに告げた。
リュウタロスは、デンライナーの無期限チケットを誰かにもらった。
リュウタロスは、指パッチンで他人を操ることができる。