かるあ学習帳

この学習帳は永遠に未完成です

『ボルケニオンと機巧のマギアナ』批評~頑固オヤジの二元論~

ボルケニオンと機巧のマギアナは、ポケモン映画第19作品です。この映画の見せ場は、空中要塞でのメガシンカしたポケモン軍団とのバトルでしょうか。ダイナミックな作画にワクワクしました。ですが、私はこの映画があまり好きではありません。なぜならこの映画では人間の悪意が色濃く描かれていて、観ていて辛い気分になったからです。
 

f:id:amaikahlua:20210912150533p:plain

ボルケニオンと機巧のマギアナ
監督:湯山邦彦
脚本:冨岡淳弘
(C)2016 ピカチュウプロジェクト
おすすめ度:★★★☆☆(丁寧に作られた作品だが、この映画は人間の悪意に満ちている)
 

人間不信おじさん

f:id:amaikahlua:20210912150646p:plain

この映画には、ボルケニオンという幻のポケモンが登場します。ボルケニオン役の声優は市川染五郎さんで、おっさんの声でしゃべります。ボルケニオンは筋金入りの頑固オヤジで、「ポケモンはウソをつかねえが、人間はウソをつくから信用できない」という、偏屈な思想を持っています。ボルケニオンはネーベル高原という自然豊かな土地で、人間に傷付けられたポケモン達の世話役をしています。ボルケニオンは日頃から人間の悪意と戦い続けていて、ボルケニオンが保護するポケモン達も、人間の悪意の被害者です。だからボルケニオンは、人間がとても嫌いなんですね。
 
それにしても、ポケモンはウソをつかねえが、人間はウソをつくから信用できない」って、結構な偏屈ですよね。ポケモンの中にはウソハチウソッキーなんてポケモンがいるし、うそなきやだましうちなんて技もある。そして人間の中にはサトシのように誠実な人間がいる。だから、「ポケモンの中にもウソつきはいるし、人間の中にも信用できる正直者がいる」というのが正論でしょう。ボルケニオンさん、あんた屈折しすぎてるんとちゃいます?……と途中までは思ってしまいました。
 

繰り返される人間の悪意

でも、この映画を観ていると、ボルケニオンが人間を嫌いなのもしょうがないよなあと思えてくるんです。この映画では、ポケモンを乱暴に扱う人間の悪意が繰り返し描かれているからです。悪意ある人間は、ポケモンにこんなに酷い事をしているのか。確かに人間は信用できないかもしれないな。……と、人間嫌いのボルケニオンの肩を持ちたい気分になってくるんですねでは、この映画で描かれた数々の悪意を振り返ってみましょう。
 
人間の悪意その1:邪道の科学「メガウェーブ」

f:id:amaikahlua:20210912150741p:plain

この映画に登場する悪役達は、悪の科学者ジャービスが発明したメガウェーブ」を利用しています。メガウェーブというのは、人間とポケモンの絆は関係無しに、対象のポケモンを強制的にメガシンカさせる技術です。通常の場合、人間とポケモンの絆が深まった時に、ポケモンメガシンカできるという設定になっています。しかし、ポケモンを乱暴に扱う悪人達は、自分のポケモンを邪道の科学によって強制的にメガシンカさせるのです。メガウェーブを浴びたポケモン達はみんな苦しそうで、観ていて辛くなりました。
 
人間の悪意その2:高原を侵略する小悪党達

f:id:amaikahlua:20210912150811p:plain

この映画には、ネーベル高原を侵略する小悪党達が登場します。ゲス顔のポケモンハンターが、野生ポケモンを乱獲しようとします。ジャービスの部下のドーガとイーサもネーベル高原を侵略するのですが、こいつらはかなりヤベー奴らです。こいつらは高原に住むポケモン達を人質に取り、人質のポケモンに電流を流します。電流に苦しむポケモン達を観ているのは、とても辛かったです。さらにイーサは自分のポケモンに命令を出し、人間であるサトシすらも攻撃します。ポケモンの技を使って人間を攻撃する悪役って、卑劣すぎませんかね?
 
人間の悪意その3:歴代最凶レベルの黒幕

f:id:amaikahlua:20210912150846p:plain

で、極めつけは黒幕の科学者ジャービスです。ジャービスは、ポケモン映画史上最凶レベルの極悪人だと思います。ジャービス幻のポケモンマギアナからソウルハートという魂を奪取し、ソウルハートのエネルギーを悪用して自然環境を破壊しました。心優しいマギアナの魂を利用し、マギアナにとって大切な土地であるネーベル高原を破壊しようとするというやり口が、悪趣味の極みだと思いました。少しでも良心がある人間なら、ジャービスの存在を不快に思って当然でしょう。
 

f:id:amaikahlua:20210912150923p:plain

話を少し脱線させて、マギアナの話をさせて下さい。マギアナは、大昔の人間によって開発された人造のポケモンです。マギアナは機械の身体と魂を持っており、人間に使用される「道具」としての側面を持ちます。その一方、マギアナには優しい心があり、「生命体」としての尊厳も持っています。「人間に使用される一方、生命体としての尊厳も持つ」という点で、マギアナはある意味そこら辺のポケモン以上にポケモンらしい存在かもしれません。そしてジャービスマギアナの「生命体」としての尊厳を軽視し、マギアナを「道具」として悪用しました。マギアナのギミックを活かした脚本は、上手いなあと思いましたね。
 
この映画で表現された人間の悪意は他にも細々とあるのですが、特に印象的だったのは以上かな。この映画には楽しい場面も勿論ありましたが、それにしても観ていて辛くなる人間の悪意が強く印象に残りましたこの記事を読んだら「映画の嫌な所に目が行き過ぎだろこいつ」と思われるかもしれませんが、実際、嫌な場面が心に残りやすい映画だったというのが私の正直な感想です。
 

ラストの解釈

f:id:amaikahlua:20210912150951p:plain

この映画のラストでは、ボルケニオンが心配するサトシ達にウソをつき、単独で空中要塞に乗り込んで自爆します。ポケモンはウソをつかねえが、人間はウソをつくから信用できない」と言ったボルケニオンが、なんとウソをついたのです!このラストでボルケニオンは、ウソをつくことによって信用できない「人間」に近付いたと解釈できます。そしてボルケニオンは、「ポケモンはウソをつかない」という自説をウソをつくことによって自分で裏切ったとも解釈できるでしょう。

 

f:id:amaikahlua:20210912151046p:plain

自爆して生還したボルケニオンは、ボルケニオンに協力したサトシ達人間を「ネーベル高原名誉ポケモン」に認定します。ボルケニオンに協力した人々が悪意の無い誠実な人間だったので、これらの人々はウソをつかない理想化された「ポケモンの仲間に入れていいとボルケニオンは考えたのでしょう。ボルケニオンは素直じゃない性格なので、一部の善良な人々の存在を、ポケモンとして認定するという不器用なやり方で受け入れたのだと思います。
 
ボルケニオンは、「ポケモンは正直者である一方、人間はウソつきだ」という偏屈な二元論を持つ頑固オヤジでした。しかしこの映画のラストでは、ボルケニオンの二元論がこっそり解体しつつあります。ポケモンもウソをつく場合があるし、人間の中には誠実な人間もいる。そしてポケモンが人間のような言動をする場合があるし、ポケモンの仲間に入れられる人間もいる。私が観た限り、この映画の究極的な狙いは「人間とポケモンの区別を解体し、曖昧にする」ということではないかな、と思います。
 
人間とポケモンの区別を曖昧にするために、あえてボルケニオンという頑固オヤジにはっきりした二元論を語らせ、その二元論をラストで解体しようとする。こういうアクロバティックな構成は好きですね。SFには人間とロボット、人間とAIの区別を曖昧にする作品がよくあると思います。この映画のオチはそういうのに近いかもしれません。
 
キュレムVS聖剣士ケルディオは人間の悪意を極力排除した純粋な野生ポケモンの世界を描いた映画でしたが、『ボルケニオンでは野生ポケモンの世界に介入する人間の悪意が色濃く描かれていました。そういう点で、ケルディオ』と『ボルケニオンは好対照をなす映画だったなと思います。

『ポケットモンスター キミにきめた!』批評~連鎖する「特別」と「例外」~

ポケットモンスター キミにきめた!』(以下『キミにきめた!』)は、ポケモン映画20周年記念作品である。この映画では主人公・サトシが「特別な人間」として描かれていると思うし、特別で例外的な出来事の連鎖がこの物語を支えていると思った。今回は「特別」「例外」に着目して『キミにきめた!』の批評を試みたい。
 

f:id:amaikahlua:20210905141102p:plain

ポケットモンスター キミにきめた!』

監督:湯山邦彦
(C)2017 ピカチュウプロジェクト
おすすめ度:★★★★★(20周年に相応しく「特別感」溢れる傑作)
 

「例外」の集積

『キミにきめた!』の冒頭では、主人公・サトシの旅立ちが描かれる。サトシの旅立ちでは、数多くの例外的な出来事が連続して発生している。ありふれた人生を送る凡人には到底体験できない「例外」が、冒頭に集積しているのだ。
 

f:id:amaikahlua:20210905141301p:plain

10歳の誕生日を迎えたサトシは、ポケモントレーナーとして旅に出る事になった。サトシは旅の相棒として、オーキド博士からポケモンを貰う事になっていた。オーキド博士フシギダネヒトカゲゼニガメの3匹を用意しており、これら3匹の中から1匹の相棒を選ぶのが通常の習わしである。しかしサトシは無意識の内に目覚まし時計を壊してしまい、旅立ちの日に遅刻してしまう。そのためサトシは、フシギダネヒトカゲゼニガメを他の新人に奪われてしまった。サトシは遅刻という失態を犯す事により、ポケモントレーナー例外」に逸脱したのである。
 

f:id:amaikahlua:20210905141425p:plain

オーキド博士ピカチュウ保有しており、サトシはピカチュウと旅に出る事にした。マサラタウンポケモントレーナーフシギダネヒトカゲゼニガメではなくピカチュウと一緒に旅立つというのは異例、例外」の事態である。しかもピカチュウモンスターボールに入るのが嫌いなので、サトシはピカチュウをロープで引きずって歩く事になる。自分のポケモンモンスターボールに入れずに引きずって連れ回すトレーナーというのも、「例外」の存在であろう。
 

f:id:amaikahlua:20210905141550p:plain

サトシとピカチュウは旅に出た矢先、野生のオニスズメの大群に攻撃される。サトシは自分の身を犠牲にして、オニスズメの攻撃からピカチュウを守ろうとする。ポケモンを使役せず、逆にポケモンに献身するサトシは、トレーナーとしてかなり「例外」だろう。そして、サトシの体を張った自己犠牲は、自己保存を旨とする穏健な生き方から逸脱した「例外」だと言えなくもない。臆病なポケモントレーナーなら、ピカチュウを見捨ててオニスズメの大群から逃走してもおかしくないはずだ。
 

f:id:amaikahlua:20210905141722p:plain

サトシは自己犠牲によってピカチュウを守ろうとし、ピカチュウもサトシの誠意に応えるかのようにしてオニスズメを撃退した。こうしてサトシとピカチュウの間には絆が芽生える事になった。そこに飛来した伝説のポケモン・ホウオウは、サトシにレアアイテム「にじいろのはね」を与えた。駆け出しのトレーナーの前にホウオウが姿を現すというのは例外」の事態だろうし、サトシが受け取ったにじいろのはねも通常は簡単に手に入らない例外」の代物だ。
 
サトシの旅立ちが「例外」に満ちていて、サトシ自身も例外的な人間だと言う事が、これで納得いただけただろうか。
 

選ばれなかった男

f:id:amaikahlua:20210905141934p:plain

『キミにきめた!』には、ジラルダンやビシャスのように強大な悪役が登場しない。代わりに、クロスという性格の悪いライバルが登場する。クロスは、「ポケモンは強さこそ全て」という思想を持つ過激派である。クロスはポケモンとの親睦を深めようとするサトシを見下し、バトルに勝てない貧弱なポケモンを平気で見捨てる男である。原作ゲーム(ポケモン赤緑、剣盾など)に馴れ親しんだ人なら、クロスは強力なポケモンを厳選する「厳選厨」「対戦廃人」だと揶揄するだろう。
 

f:id:amaikahlua:20210905142043p:plain

サトシが伝説のホウオウに選ばれた「特別な人間」として描かれている一方、クロスはホウオウに選ばれなかった男である。クロスはサトシからにじいろのはねを強奪し、にじいろのはねを黒く染めてしまう。おそらく作り手は、クロスを人間性が低い卑劣な人間として描く事により、サトシが徳の高い「特別な人間」である事を際立たせる効果を狙っているように思える。そしてにじいろのはねは、「特別な人間」とそうでない人間を選別するリトマス試験紙のようなアイテムだと言えるだろう。
 
ホウオウとにじいろのはねによって選別されなかったクロスという男を対置する事により、サトシが「特別な人間」であるという事が作中で強調されていると感じた。
 

終盤の解釈

f:id:amaikahlua:20210905142301p:plain

『キミにきめた!』では、ピカチュウが一度だけ人語を喋る。と言うか、サトシとピカチュウの絆が最高点まで達した瞬間、サトシはピカチュウの言葉を理解できるようになったのかもしれない。ピカチュウ本人によると、ピカチュウはサトシと「いつも一緒にいたいから」モンスターボールの中に入らないらしい。つまりピカチュウは、サトシと常に一緒にいる事を自発的に決断していたわけだ。サトシがピカチュウを相棒にする事を決断しただけでなく、ピカチュウの方もサトシの伴侶になる事を決断していたのだ。
 
この映画の終盤では、サトシが自分の身を盾にしてポケモン達の総攻撃からピカチュウ守る。サトシは一旦力尽きて消滅するのだが、何だかよくわからない理由で復活する。ネットで他人の感想を漁っていると、「なぜサトシが復活したのか」を大真面目に考察している人がいた。しかしポケモン映画に長年馴れ親しんだ人間なら、「ここはそういうものだ」とすんなり納得するのが賢明な態度であろう。ポケモン映画では『ミュウツーの逆襲』『水の都の護神』『ディアルガVSパルキアVSダークライ』などで、「自己犠牲からの復活」が繰り返し描かれてきた伝統がある。キミにきめた!』でも、「自己犠牲からの復活」が相変わらず描かれた。ポケモン映画っていうのは、きっとそういうものなのだ。
 

f:id:amaikahlua:20210905142955p:plain

最後に、この映画の題名である「キミにきめた!」という言葉を考察してみたい。サトシはピカチュウを相棒だと思っており、サトシはピカチュウに「キミにきめた!」と言っている。そしてピカチュウはサトシといつも一緒にいたいと思っており、サトシの伴侶になる事を決断していた。だから、ピカチュウの方もサトシに対して「キミにきめた!」と思っているはずだ。さらにホウオウはサトシの事を気に入り、サトシににじいろのはねを与えた。つまりホウオウもサトシが見所のある人間であると認定し、サトシに対して「キミにきめた!」と思っているだろう。こじつければ他にいくらでも解釈が思い付きそうではあるけれど、「キミにきめた!」という題名の大意は以上だろう。*1
 
「キミにきめた!」とは即ち、力強い決断の表明である。サトシはピカチュウを相棒にする事を決断し、ピカチュウはサトシといつも一緒にいる事を決断し、ホウオウはサトシににじいろのはねを渡す事を決断した。この映画は、特別で例外的な決断の結び付きによって成り立っているのである。

*1:サトシはホウオウに会うために旅を続けたのだから、サトシがホウオウに対して「キミにきめた!」と思っているという説があるだろう。しかし、私が観た限り、サトシはホウオウに対して「キミ」呼ばわりする程の親近感を持っていないのではないかと思われる。そのため、私はこの説をあまり支持しない。

『キュレムVS聖剣士ケルディオ』批評~ゲーム外の敗者~

ポケモン映画キュレムVS聖剣士ケルディオ(以下『ケルディオ』)を観て、私は大きな衝撃を受けました。
 
ケルディオ』はポケモン映画15周年記念作品であり、小学館創業90周年記念企画です。ポケモン映画5周年記念作品『水の都の護神』、10周年記念作品『ディアルガVSパルキアVSダークライ』、20周年記念作品『キミにきめた!』は、いずれもファンのニーズに手堅く応えた良作でした。しかしこの『ケルディオ』は違います。ケルディオは15周年記念作品でありながら、ポケモンというコンテンツの王道を逸脱した、挑戦的な作品だったのです!
 

f:id:amaikahlua:20210830103452p:plain

監督:湯山邦彦
脚本:園田英樹
(C)2012 ピカチュウプロジェクト
おすすめ度:★★★☆☆(問題作。15周年でこれをやった度胸は評価したい)
 

逸脱のクリティカル・ポイント

ケルディオ』は、ポケモンという巨大商業コンテンツの伝統や定石を逸脱する異常な作品でした。私は特に以下の4つのポイントを挙げ、『ケルディオ』という作品の特異性を強調したいと思います。
 
・ポイント1:「人間中心」ではなく「ポケモン中心」の脚本

f:id:amaikahlua:20210830103611p:plain

ケルディオ』では、人間社会の事情ではなく野生のポケモン世界の事情が主題的に描かれています。主役ポケモンケルディオは未熟なポケモンですが、伝説のポケモンキュレムに戦いを挑み、一人前の「聖剣士になろうとします。ケルディオ』の物語は「一人前の聖剣士になりたい」というケルディオの闘志によって牽引されており、人間であるサトシ達はケルディオの冒険をサポートする脇役だと言っていい。
 
ケルディオ』は、人間主体のストーリー展開に良くも悪くも反旗を翻した作品です。映画の冒頭ではケルディオの修行と挫折が描かれ、途中まではサトシ達が一旦物語の主導権を握るものの、後半の見せ場はキュレムケルディオの真剣勝負。人間の介入はお断りなのです。主人公であるサトシの見せ場がここまで無い映画は、同時上映を除くと『ケルディオ』ぐらいなもんでしょう。
 
・ポイント2:徹底化された「悪役」の除外

f:id:amaikahlua:20210830103710p:plain

ケルディオ』には、「悪役」が登場しません。サカキやジラルダンやビシャスのような、強大な人間の悪者が登場しないのです。キュレムはかなり容赦無い性格のポケモンですが、悪者だとは言い難い。さらに驚いた事に、ロケット団のムサシ・コジロウ・ニャースが、物語に全く絡みません。それどころか、ムサシ・コジロウ・ニャースは、作中で一言も喋らないのです。やな感じーっ!」とすら言わない(笑)。
 
ケルディオ』では、人間の了見で決められた善悪が、物語の主軸に介入しません。この映画の見所は人間の介入を許さないポケモン同士の了見の激突であり、人間の悪意を描くのはこの映画の狙いじゃないんだろうなあと思います。また、作中で登場するコバルオンテラキオンビリジオンケルディオの師匠であり、正義の心を持っています。ケルディオ』では正義の心は描かれるんだけど、悪意が極力描かれない。その結果、汚い心を排除した純粋な魂の決闘を描く事には一応成功している思うんだよな。
 
・ポイント3:パワーアップした主人公が負ける

f:id:amaikahlua:20210830103813p:plain

まさかの敗北。うせやろ…?こんなことってあるんか…?
この映画の終盤では、ケルディオが「かくごのすがた」にパワーアップし、キュレムと一騎打ちに臨みます。その結果、どうなったかと言うと……なんと負けます。この展開は、平成仮面ライダースーパー戦隊をよく観た経験のある視聴者なら、信じられないと思います。平成仮面ライダースーパー戦隊では、主人公のヒーローが新しい姿にパワーアップしたり、新しい合体ロボが初登場したりした時は、ほぼ100%味方が勝ちます。しかしケルディオ』では、新しい姿にパワーアップした主役が敗北するとかいう、まさかの展開です。
 
汚い話をすると、特撮ヒーローは子供番組とは言え商業作品ですから、変身ベルトや合体ロボなどの新商品を売らなければなりません。そのため、新しく登場したヒーローやロボットには、大抵の場合販促のために勝ってもらう必要があります。ポケモン映画にも勿論販促要素はあって、当時『ケルディオの前売り券を買うと、ケルディオのゲームデータが貰えたそうです。ケルディオのゲームデータの価値を上げることを考慮すると、映画の作中でパワーアップしたケルディオは勝った方が良い気がするのですが、負けました。
 
この映画、作中で人間の悪意が極力描かれていないのに加えて、販促を企む汚い大人の事情にも染まりきっていない映画なんだよ。実にクリーンな映画だと思わないかい?w
 
・ポイント4:「敗北しても成長する」という異形のメッセージ

f:id:amaikahlua:20210830104042p:plain

この映画に登場するコバルオンは、戦いに敗北してもそこから何かを学ぶ事が大切である」という思想を持っています。そして主役のケルディオは、キュレムとの戦いに敗北します。しかしケルディオキュレムと戦っているうちに仲間の大切さを知り、一人前の聖剣士になります。戦いに勝利する事だけが成長に繋がるとは限らない。時には敗北して大きく成長する場合もある。筋は通っているし、けっこう良い話ではありますね。
 
しかし、「敗北しても成長する」という思想をポケモンという媒体でやっても良いのだろうか?と私は不安になりました。ポケモンの原作ゲーム(ポケモン赤緑ポケモン剣盾など)は基本的に、「相手のポケモンを倒して経験値を得て、自分のポケモンを成長させるゲーム」です。原作のゲームでは主人公が人間で、味方のポケモンが勝利したら経験値が入って、敗北したら経験値が入らないシステムになっています。しかし『ケルディオでは人間の支配から独立したポケモンが敗北したけど、一回り大きく成長するとかいう結末になっていました。この映画は、原作のゲームではろくに描けない形の成長を描いた作品なのです。
 

ラストの解釈

f:id:amaikahlua:20210830104142p:plain

ケルディオ』のラストでは、ケルディオとの戦いに勝利したキュレムが、洞窟の中へと静かに帰っていきます。キュレムはレシラムとゼクロムの遺伝子を併せ持つ最強のポケモンですが、住み処の外に出たり屋外の生物と馴れ合ったりするのには向いてないと思うんですね。一方キュレムとの戦いに敗北したケルディオは、仲間の大切さを知り成長します。ケルディオは実力ではキュレムに勝てなかったのですが、他者との強い絆を結ぶ事ができるようになりました。
 
キュレムケルディオの関係は、『ミュウツーの逆襲』におけるミュウツーニャースの関係に似ていると思いますね。ミュウツーキュレムみたいに優秀な遺伝子を持つエリートなんだけど、ミュウツーには社会性が足りない。一方ニャースは進化や技の習得と引き換えに言語能力と二足歩行を獲得した苦労人で、豊かな社会性がある。キュレムミュウツーは生まれつき優秀だけど社会性が無くて、ケルディオニャースは努力家で社会性を身に付けるに至った。
 
ケルディオは自分の遺伝子の優秀さのような「個」としての強さではなく、仲間と協調する「集団」としての強さに辿り着いたポケモンだと思います。1人よりも2人、2人よりも3人、3人よりも4人」という『ケルディオ』のラストは、「個」としての強さとは違った強さの形を描いていたという点では、良い結末だったと思います。
 

ケルディオ』低評価の嵐

f:id:amaikahlua:20210830104346p:plain

では、要点をまとめます。ケルディオ』は、ポケモンというコンテンツの常識から逸脱した問題作です。人間ではなくポケモンが主体であり、悪役が存在しない、野生ポケモン同士の純粋な決闘が描かれた作品です。そして主役のケルディオが敗北し、敗北から学んで成長するという、珍しい成長の形も描かれています。主人公の人間がポケモンを捕獲し、人間の支配下に置かれたポケモンが敵に勝利して成長する」という原作ゲームのコンセプトの〈外部〉に存在する、敗北者ケルディオの成長物語でした。
 
ちなみにこの『ケルディオ』、ネットでの評判がとても悪い映画です。匿名掲示板のつまらなかったポケモン映画を挙げるスレとかでは、ケルディオ』がよく筆頭に上げられます。『ケルディオがなぜ駄作なのかを詳しく説明する動画が、ようつべに上げられていたりもする。まあ、仕方無いとは思いますよ。だってこの映画、ポケモンというコンテンツに対する受け手の期待に全然応えてないもんwそれどころか、この映画は受け手の期待を悪い意味で裏切りまくるベクトルを志向してるからね。
 
でも、この映画で描かれた純粋な決闘や、大人の商業戦略に染まらない意外な結末が、私は好きですよ。ポケモン映画という国民的商業アニメの媒体で、ここまで振り切った「純ブンガク」をやってしまった心意気は高く評価したいです。15周年でここまで挑戦的な作品を世に送り出した制作サイドの度胸は、もっと褒めてもいいんじゃないか、みんな???