かるあ学習帳

ゲーム/アニメ/特撮/文学/哲学の話をしよう

ミヒャエル・エンデ『モモ』第一部を読んだ。

先月、NHKEテレの「100分de名著」で、『モモ』という児童文学が取り上げられました。で、試しに『モモ』を読んでみたのですが、かなり読み応えがありました。この本の対象年齢は「小学5,6年以上」らしいのですが、小学校高学年でこのお話を理解するのは難しいのでは?と思いました。今回は『モモ』の第一部を読んだ感想を書きます。論点が多い本だから、今回は第一部の感想だけでいっぱいいっぱいなんだよ(笑)。
 

f:id:amaikahlua:20200917135537j:plain

『モモ』
1976年初版発行
 

傾聴の達人

 
主人公のモモは、街はずれにある円形劇場の廃墟に住む、かなり変わった少女です。モモはいささか異様な外見と性格の持ち主ですが、近所の人たちと非常に良好な関係を築きました。モモは「相手の話を聞く才能」に恵まれていて、その才能が近所の人たちに有り難がられたのです。
 

f:id:amaikahlua:20200917135849p:plain

 モモに話を聞いてもらっていると、ばかな人にもきゅうにまともな考えがうかんできます。モモがそういう考えを引き出すようなことを言ったり質問したりした、というわけではないのです。彼女はただじっとすわって、注意ぶかく聞いているだけです。その大きな黒い目は、あいてをじっと見つめています。するとあいてには、じぶんのどこにそんなものがひそんでいたかとおどろくような考えが、すうっとうかびあがってくるのです。(p.22)
 

f:id:amaikahlua:20200917140117p:plain

「100分de名著」に出演した河合俊雄先生は臨床心理学者ですから、話を聞くモモの営みを、カウンセリングと結び付けて考察しておられます。悩んでいる人も、自分の悩みを相手に託すことによって、気持ちが楽になる。自分とは違った情報を持つ他人の話を受け止めるのは難しいことですが、モモは他人の話を聞く才能に恵まれていたのです。
 
これは私が自分で考えたことですが、「他人の話を聞くこと」は「自分の時間を他人のために費やすこと」であるはずです。自分の用事に追われていると、忙しさのあまり、他人の相談に付き合っている暇が無くなってきます。他人の話を聞くためには、他人に付き合えるほどの心や時間の余裕が必要だと思います。モモは、本当に豊かな魂の持ち主なのでしょう。
 

ヌルい集中

 
『モモ』には、ベッポという名前の道路掃除夫のおじいさんが登場します。ベッポは周囲の人々から変人だと思われているのですが、なかなか興味深い考え方の持ち主です。ベッポによると、長い道路をすごい勢いで掃除しまくるのは心身に良くない。いちどに道路全体のことを考えず、一歩ずつ着実に掃除することが大事だとベッポは考えます。
 

f:id:amaikahlua:20200917140605p:plain

「いちどに道路ぜんぶのことを考えてはいかん、わかるかな? つぎの一歩のことだけ、つぎのひと呼吸のことだけ、つぎのひとはきのことだけを考えるんだ。いつもただつぎのことだけをな。
 またひとやすみして、考えこみ、それから、
するとたのしくなってくる。これがだいじなんだな、たのしければ、仕事がうまくはかどる。こういうふうにやらにゃあだめなんだ。」(pp.48-49)
 

f:id:amaikahlua:20200917140756p:plain

俊雄先生は、ベッポの思想が禅に似ていることを指摘しています。「早く悟りを得たい(≒早く道路全体を掃除したい)」と考えてはならない。ゴールに意識を飛ばさず、「今・ここ」の修行(≒掃除)に集中することが大事だという考え方です。
 
私が読んだ限り、ベッポの思想は先月このブログで解説した『バガヴァッド・ギーター』にもまあまあ似ていると思いますね。バガヴァッド・ギーター』では、身分制度によって決められた義務を「今・ここ」で果たすことにより、精神の安寧が得られるとされています。
 
ついでに少し辛辣な事を言うと、ベッポの思想は『バガヴァッド・ギーター』と比べて集中の度合いが若干ヌルいなと思いました。バガヴァッド・ギーター』では過去・未来から解放された現在の徹底が説かれているのですが、ベッポは仕事の最中に若干未来の「つぎの一歩」のことを考えている。そこが若干ヌルく感じましたw
 

無駄話は贅沢な話

 
『モモ』の第一部を読んで印象的だったのは、物語の本筋から逸れた小話が複数挿入されているところですね子供たちが考えた架空の冒険譚や、観光ガイドのジジのホラ話などに、かなりのページ数が割かれています。正直、これらの小話の内容を省略しても、物語全体の進行には大して支障が無いように思えます。そこで私は当初、こう考えました。
 
「別にこんなに小話の内容を具体的に書かなくてもええやん!第一部の小話はぜんぶ無駄話じゃないの?」
と……。
 
ところが、物語を読み進めるにつれて、この考え方が実に罪深い考え方だと思わされました。『モモ』の物語では、効率的に考えたら無駄な話や、余計に思える空想に意義があります。他人のために時間を消費するのも、脱線した思考や発言をするのも、効率的に考えたら無駄があるかもしれない。しかし、その「無駄」こそが「豊かさ」をもたらすものであると、『モモ』を読むにつれて気付かされたのです。
 
〈参考文献〉
河合俊雄『100分de名著 モモ』、NHK出版、2020年
「無駄な事」こそが人々にとって大切な時間、というのはまさにその通りだと思います

『Maggot baits』灰とダイヤモンドEND考察~行為が世界を変える~

f:id:amaikahlua:20200909134426p:plain

『Maggot baits』
シナリオ:昏式龍也、栗栖
2015年11月27日発売
 

貫かれた信念が意味を与える

 
『Maggot baits』灰とダイヤモンドENDを考察するに当たって、無名の魔女の次の発言が重要になってくるだろう。ある人の行為が意味のある行いなのかどうかは、その行為に込められた信念の一貫性によって決まるのだ。
 

f:id:amaikahlua:20200909134549p:plain

「行為に意味を与えるものは、ひとえにこめられた質量(おもさ)だけよ。意味不明で無価値な愚行だろうと、貫く力がそこに意味を与える……与えてしまうの」
 
「逆もそう。どれだけ意義深く崇高だろうと、貫けなければ無意味の屑に終わるわ。復讐だろうと愛だろうと、価値を持つのは正しい理由とやらじゃない。個人が秘めたその質量(おもさ)……それだけなのよ」
 
傍目から見たら愚かな行為だとしても、その行為を行う人間が信念を貫き通せば、その行為には意味が与えられる。逆に、誰が見ても立派な行為だとしても、その行為を行う人間が信念を貫き通せなければ、その行為は無意味になる。このいささか抽象的な理論が、灰とダイヤモンドENDでは巧みに作品化されていると私は感じた
 
ここから先には灰とダイヤモンドENDのネタバレが含まれています)

『Maggot baits』レビュー~箱庭の中の蛆虫たち~

今回は、18禁ゲーム『Maggot baits』をレビューします。このゲームは、グロテスクな描写に満ちたグロゲーです。キャラクターの首や手足がもげたり、キャラクターが虐殺されたりする場面がしこたまあります。

 
私は少し前まで、18禁ゲームで一番グロい作品はブラックサイクの『EXTRAVAGANZA』だと思っていました。ところが『Maggot baits』は、『EXTRAVAGANZA』といい勝負なレベルのグロさでした。色々規制が厳しいであろうテン年代の日本で、よくもまあここまでグロい代物を出せたなあと思います。間違いなく遊ぶ人を選ぶゲームですが、それでも私は『Maggot baits』を薦めたい。なぜなら、このゲームのシナリオは本当に面白いから。

f:id:amaikahlua:20200901143911p:plain

『Maggot baits』
シナリオ:昏式龍也、栗栖
2015年11月27日発売
おすすめ度:★★★★★(グロ耐性があるなら、ぜひプレイして欲しい傑作)
 

箱庭の中の蛆虫たち

 

f:id:amaikahlua:20200901144045p:plain

このゲームの舞台は、「関東邪法街」という架空の都市です。関東邪法街は、暴力や強姦が当たり前のように行われる、退廃的な街です。この街は法律や規範が存在しない「無法」地帯と言うよりは、とある邪悪な黒幕によって支配されている「邪法」街です。関東邪法街といい、『眠れぬ羊と孤独な狼』の歌舞伎町といい、『虚空のバロック』のあかつき新都といい、昏式龍也さんのシナリオでは「都市」がテーマになっていることが多い気がします。
 
『Maggot baits』は、そんな邪法街でうごめく「蛆虫」たちの物語です。人生の目的や守るべきルールのような人間性を持たない者たちが、この作品では手足の欠けた「蛆虫」と呼ばれています。
 

f:id:amaikahlua:20200901144133p:plain

生まれてしまったものは生きねばならないー
 
命の始まりに存在する真実は、いつでもただそれだけだ。
 
指針ある人生、守るべき規範、善を成し悪を忌む精神など、すべては後付けで獲得していく理想という名の虚構でしかない。
 
だがそれらは、一般的に人間性と呼ばれる概念でもある。そうした虚構と共に生きてこそ、ヒトは初めて人間として認められるのだと。
 
では人間である条件とは、それらを十全に備えていることを意味するのだろうか? 人間の輪郭を示す、欠くべからざる四肢のように。
 
そしてそれらを失った者、あるいは自ら放棄した者とは、さしずめ手足の欠けた蛆虫とでも言うべきだろうか?
 
そうであるならば、この物語は人間を描くものでは決してない。
 
これは、蛆虫のための物語である。
私はこの出だしを読んで、このゲームのシナリオにメチャクチャ期待しました。私は今年の7月に『SWAN SONG』教会ENDを考察しましたが、あの結末には「人間は素晴らしい」という人間讃歌が込められていました。これに対して『Maggot baits』では、人間として認められない蛆虫への讃歌が提唱されるのかな?…と期待してしまったのです。だが、この作品はそうではなかった。私が読んだ限り、この作品は最終的には人間的な愛や思念を称賛する結末に行き着いたと思う。そこが少し残念でした。
 

f:id:amaikahlua:20200901144215p:plain

でも、このゲームに登場する蛆虫たちは魅力的な奴らでしたよ。人間をやめて蛆虫の化け物になることを選択し、ヒロインのキャロルを取り戻そうとした主人公・彰護。規範や指針もなく、ただ現在を生きる魔女たち。彰護に惹かれた良きライバル、ブライアン・マックール。このゲームが出した結論は結局人間讃歌だった(と思う)けど、その結論に至るまでの蛆虫たちの群像劇は、本当に面白かった。
 

3つのエンディングについて

 
このゲームには、3つの結末が用意されています。「血の収穫」ENDと「灰とダイヤモンド」END、それから「モンキー・ハウスへようこそ」END。
 

f:id:amaikahlua:20200901144321p:plain

「血の収穫」ENDは、虚淵玄の影響が色濃く表れた結末でしたね。途轍もない化け物になり、ハードボイルドを超越した透明な存在と化した彰護。回収されたキャロルの絶望。まどか☆マギカのイヌカレー空間を彷彿とさせる一枚絵。「血の収穫」ENDは、昏式龍也じゃなくて虚淵玄が書いたと聞かされても私は驚かない。
 

f:id:amaikahlua:20200901144354p:plain

「血の収穫」ENDではキャロルの絶望が描かれましたが、「灰とダイヤモンド」ENDではキャロルの希望が描かれています。私は「血の収穫」ENDの方が「灰とダイヤモンド」ENDよりも好きですが、灰とダイヤモンド」ENDが三島由紀夫の『金閣寺』に対するある種のアンチテーゼになっていることに気付いてから、この結末も好きになりました。
 

f:id:amaikahlua:20200901144435p:plain

「モンキー・ハウスへようこそ」ENDはひたすら愛がない乱交が行われるバッドエンドで、ストーリー性は特にないと思います。「血の収穫」ENDでは絶望はあっても愛に満ちた世界が描かれていて、「灰とダイヤモンドENDではそこまで愛に満ちていなくても希望のある世界が描かれていた一方、「モンキー・ハウスへようこそ」ENDは愛も希望もない結末だった…とは言えるかな。
 
 

f:id:amaikahlua:20200901144513p:plain

…最後になりますが、このゲームのシナリオはキリスト教と物凄く関係があります。まさかこういう作品でキリスト教の蘊蓄が披露されるとは思わなかったので、驚きました。異端審問官・ヴァレンティノス役の大凶魔神天誅さんの熱演はお見事。でも、何となくこの作品をキリスト教に詳しい人に薦めるのが怖い。根拠は無いけど、キリスト教に詳しい人がこの作品をプレイしたら怒りそうな気がするんだよな(苦笑)。

「奇妙な仕事」「死者の奢り」批評~メランコリーについて~

ニヒリズムとメランコリー

 

早稲田大学非常勤講師の岩内章太郎氏は、『新しい哲学の教科書 現代実在論入門』で、「ニヒリズム」と「メランコリー」の違いについて論じている。大雑把に言うとニヒリズムは「意味を見失って絶望している状態」であり、メランコリーは「気だるく、希望も絶望もない状態」であるとされる。

 

f:id:amaikahlua:20200827135524j:plain

 ニヒリストは伝統的権威に対する「攻撃性」を持ち、あらゆるものは無意味かもしれないという「虚無感」に苦しむが、メランコリストにとっての問題は、欲望の鬱積から出来する「倦怠」と「疲労」、そして、いま手にしている意味もやがては消えていくかもしれないという「ディスイリュージョンの予感」である。要は、「何をしたいわけでもないが、何もしたくないわけでもない」という奇妙な欲望をメランコリストは生きているのだ。あるいは、次のようにも言えるかもしれない。ニヒリズムは絶望の一形態だが、メランコリーには希望も、そして絶望さえもないのだ、と。*1
 
岩内氏の説によると、「大きな物語が崩壊していくのを目撃したポストモダンの世代は、「ニヒリズムの時代」を生きたのではないかという。天皇制があってやがて敗戦があったこと。マルクス主義があってやがて学生運動の熱が冷めたこと。このような経験をした世代の人々は世界の意味を失い絶望し、ニヒリズムに陥ったのではないかと考えられる。
 

f:id:amaikahlua:20200827140732p:plain

アニメ映画『スカイ・クロラ』より
そして、「大きな物語が崩壊してしまった後の世界に生まれた者たちは「メランコリーの時代」を生きているのではないかと、岩内氏は考えている。ポストモダンの世代の後に生まれた現代っ子たちには、そもそも強い意味が見付からない。そんな現代っ子たちはただ疲れており、希望も絶望もないのではないか。岩内氏はアニメ映画『スカイ・クロラ』を例に挙げ、この映画の登場人物には現代的なメランコリーがよく表れていると考察している。
 

「奇妙な仕事」「死者の奢り」のメランコリー

 
私=甘井カルアの観察では、大江健三郎の初期の短編小説「奇妙な仕事」「死者の奢り」には、岩内氏の言うメランコリーがよく表れていると思う。1957(昭和32)年に書かれた小説に極めて現代的なメランコリーが漂っているというのは、興味深い現象ではないか。例えば「奇妙な仕事」の主人公「僕」は疲労しているし、「女子学生」は絶望を持たない。
 

f:id:amaikahlua:20200210132014j:plain

怒りは育ちかけ、すぐ萎えた。僕は友人たちの学生運動に参加することができなかった。それは政治に興味を持たないこともあるが、結局、持続的な怒りを僕が持ちえなくなっているせいだった。僕はそのことを時々、ひどく苛だたしい感情で思ってもみるが、怒りを回復するためにはいつも疲れすぎていた。*2
 ひどく絶望したものだな、と僕はいった。
 絶望しているわけでもないのよと女子学生は意地悪な眼で僕を見かえしながらいった。*3
 
「死者の奢り」の主人公「僕」は、希望も絶望も持たない。「僕」の仕事は徒労に終わる。「僕」は勉強する意欲があるものの、現代的なメランコリーを象徴するかのような人物である。
 

f:id:amaikahlua:20200313155244j:plain

「あんたには虚無的なところがある」
「虚無的かどうかは知らないが」と僕は、女子学生が僕らに全く無関心で黙っている事に、苛立ちながらいった。「僕は一番良く勉強する学生の一人だ。僕には希望を持ったり、絶望したりしている暇がない*4
 

大江の先見か、岩内の過誤か?

 
「奇妙な仕事」「死者の奢り」は比較的戦後すぐに書かれた小説なのに、現代的なメランコリーがよく表れている。このことから、大江健三郎は時代の先を行く感受性を備えた作家だと評価することができるだろう。大江は戦後間もない時点で、ポストモダン後のような憂鬱を体感する感性の持ち主だったのだ。
 
あるいは、ポストモダンの世代が「ニヒリズムの時代」ポストモダン後の世代が「メランコリーの時代」だという岩内氏の仮説は、少し間違っているのかもしれない。気だるく、希望も絶望もないメランコリーは、戦後間もない段階で既に表れていた。大江は戦後のメランコリーを鋭く捉えた。戦後すぐの時点で、メランコリーはもう始まっていたのかもしれない。
 
いずれにせよ、「奇妙な仕事」「死者の奢り」が描いているのはニヒリズムではない。メランコリーの世界なのだ。

*1:岩内章太郎『新しい哲学の教科書 現代実在論入門』講談社選書メチエ、二〇一九、二五頁。

*2:大江健三郎見るまえに跳べ』新潮文庫、一九七四、一二頁。

*3:同上、一四頁。

*4:大江健三郎『死者の奢り・飼育』新潮文庫、一九五九、四三頁。

大江健三郎「死者の奢り」のあらすじと解説

「死者の奢り」は、大江健三郎の文壇デビュー作です。大江は『文学界』に「死者の奢り」を発表し、作家としての活動を本格的にスタートしました。

 

f:id:amaikahlua:20200313155244j:plain

「死者の奢り」(『死者の奢り・飼育』所収)
1959年初版発行
 
(この記事はかなり長くなりました。興味の無い箇所は適当に読み飛ばしてOKです)