かるあ学習帳

ゲーム/アニメ/特撮/文学/哲学の話をしよう

マルクス・ガブリエル『なぜ世界は存在しないのか』の要約

最近、ボン大学マルクスガブリエル教授の哲学を勉強しています。今回は、ガブリエルの主著『なぜ世界は存在しないのか』の要約を掲載します。ついでに、『なぜ世界は存在しないのか』を読み解くのに役立ちそうな情報も書き添えておきます。

 

f:id:amaikahlua:20190904213105j:plain

『なぜ世界は存在しないのか』
マルクス・ガブリエル(清水一浩訳)
2018年初版発行
 

要約

 
『なぜ世界は存在しないのか』の内容は、大きく分けると2つに分かれています。第3章までではガブリエルの基本思想が開陳され、第4章以降からは開陳された基本思想を基にして科学や宗教などのあり方が捉え直されています。
 
・序章は「哲学を新たに考える」です。この本の基本思想は、「世界は存在しない」と「新しい実在論」です。新しい実在論は、「形而上学」が認める人間に依存しない現実それ自体と、「構築主義が認める人間に対して現れているかぎりの事物は両方とも存在すると考えます。
・第1章は「これはそもそも何なのか、この世界とは?」です。ガブリエルは、特定の種類の諸対象を包摂する領域を「対象領域」と呼びます。例えば銀河という対象領域には、星や惑星などの対象が包摂されています。ガブリエルのいう「世界」とは、「すべての領域の領域、すべての対象領域を包摂する対象領域」です。
・第2章は「存在するとはどのようなことか」です。ガブリエルは、何かが現れてくる場を「意味の場」と呼んでいます。何かが何らかの意味の場に現れるとき、その何かは存在します。(意味の場には「草原」や「スマホの画面」などの物理的な場だけでなく、「妄想」や「昔話」などの非物理的な場もある。)
・第3章は「なぜ世界は存在しないのか」です。ガブリエルは、「世界とは、すべての意味の場の意味の場、それ以外のいっさいの意味の場がそのなかに現象してくる意味の場である」と厳密に定義し直します。世界は世界のなかに現れることができないので、存在しないとガブリエルは考えます。そのため、すべてを包摂する領域である世界は存在せず、無限に増殖していく無数の意味の場だけが存在することになります
 
・第4章は「自然科学の世界像」です。自然科学によって世界それ自体を認識しようとする科学主義を、ガブリエルは厳しく批判します。ガブリエルは世界それ自体は存在しないと考えているので、どんな科学的世界像も成立しないと言います。また、宇宙はただ単に自然科学によって研究できるものの総体であり、宇宙を考察しているだけでは人間的な意味を取りこぼしてしまうことが指摘されています。
・第5章は「宗教の意味」です。ガブリエルは、宇宙・世界・現実全体を俯瞰的な視点から眺める「神の立場」は幻想にすぎないと言います。ガブリエルは世界の存在を否定しているので、すべてを取りまとめて組織化する原理としての「神」の存在も否定します。宗教で本質的に問題になるのは人間の実存であり、私たちは自分とは何者なのかを常に探求し続けているということが書かれています。
・第6章は「芸術の意味」です。芸術や映画は虚構と現実の区別を解体し、芸術は多様に解釈できるということが指摘されています。芸術は対象を現象させるだけでなく、その対象が現象している意味も現象させるとガブリエルは言います世界が存在しないことが全体主義への誘惑を克服し、無数の意味の場が存在することが多様性の肯定につながるということが語られています。
・第7章は「エンドロールーテレビジョン」です。私たちの身の回りには意味が溢れており、私たちはただ生きているだけで無数の意味に関わっているという形でこの本は幕を閉じます。
 
(注:この要約は、私が某サイトに投稿したレビューを改稿したものです。)
 

備考

 
ガブリエルは「意味(Sinn)」という言葉に、大きく分けて3つの意味を与えているということを念頭に入れて読みたい。
1.文字通り「意味」
2.対象が現象する仕方
3.感覚(p.286)
なお、フレーゲの和訳では、Sinnは「意義」と普通は訳されることに注意です(p.322)。
 
・『なぜ世界は存在しないのか』を読んでいると、ガブリエルが「現実」や「実在」を一般大多数の人々とはだいぶ違った仕方で把握していることがわかります。しかし『なぜ世界は存在しないのか』を読んだだけでは、ガブリエルが「現実」や「実在」という言葉をどう定義しているのかがいまいちよくわかりません。
今月発売された『「私」は脳ではない』では、ガブリエルが現実についてちらほら語っていました。ガブリエルが「現実」や「実在」をどう理解しているのかは、これから刊行される書籍を読みながら考えていきたいところです。
しげデウスさんがブログでお書きになっている「存在」と「実在」の区別をガブリエルがどう考えているのかも気になりますね。見たところ、ガブリエルは明確に区別していないようですが。
 

f:id:amaikahlua:20190909192151j:plain

映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』より
・最後に余談ですが、昨年末に仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』という映画が放映されました。この映画は、「虚構と現実の揺らぎ」や「人々の記憶のなかの虚構の存在」を描いた作品でした。私が観た限り、この映画が表現していることはガブリエルの新実在論にけっこう近いはずです。このことを踏まえて、近いうちに『平ジェネFOREVER』の考察を書いてみたいと思います。
 
(謝辞:ガブリエルについてメールで教えて下さった研究者のN様に、この場を借りてお礼申し上げます。)

マルクス・ガブリエル『なぜ世界は存在しないのか』書評~新実在論は現実をどう変えるのか~

今回は、ボン大学マルクスガブリエル教授によるベストセラー哲学書なぜ世界は存在しないのか』を解説します。

 

f:id:amaikahlua:20190904213105j:plain

『なぜ世界は存在しないのか』
マルクス・ガブリエル(清水一浩訳)
2018年初版発行
 

虚構と現実の区別を解体する

 
私が『なぜ世界は存在しないのか』を読んで印象的だったのは、マルクスガブリエルが従来の虚構と現実の区別を解体する哲学者であるということでした。ガブリエルは『マトリックス』や『インセプション』などの映画を例に挙げ、虚構と現実の区別があいまいであることを指摘しています。
 

f:id:amaikahlua:20190905010914p:plain

映画『マトリックス』より
 はっきりと示されているように見える実在と虚構との区別が、さまざまな方法で作品ごとに堀り崩されることがあるのは、文学や舞台芸術に限ったことではありません。マトリックスや『インセプション』といった映画作品や、いわゆる「ネオ・ノワール」のなかでも現代では古典となっている作品なども、その例として挙げることができます。(p.247)
 

f:id:amaikahlua:20190905140622p:plain

映画『インセプション』より
マトリックス』では、私たちが現実だと思っているこの世界は、実はコンピュータによって創造された〈仮想現実〉だった…という設定で、人類とコンピュータの戦いが描かれました。また、インセプション』は、夢の中の世界での戦いを描いた映画でした。『インセプションのラストでは、〈夢か現実かを判定するコマ〉が回転している途中で終わっており、結局ラストの世界が夢か現実かがよくわからないオチになっていました。
 
ガブリエルの哲学は、『マトリックス』『インセプション』などと同じように、虚構と現実の区別を掘り崩します。このことを踏まえて、これからの説明におつきあいいただければと思います。
 

「新しい実在論」とはなにか

 
ガブリエルは『なぜ世界は存在しないのか』で、「新しい実在論という考え方を提唱しています。「新しい実在論とは何なのかを、簡単に説明しましょう。
 

f:id:amaikahlua:20190904213707p:plain

例えば、群馬県には「至仏山」という山があります。そして、「至仏山という山を、「田中さん」と「あなた」と「私」が見ているとしましょう。このとき、少なくとも以下の4つの対象が現実に存在していると「新しい実在論」は想定します。
 
2.田中さんの視点から見た至仏山
3.あなたの視点から見た至仏山
4.私の視点から見た至仏山
 
哲学者によっては、「1」だけが現実に存在していると考える人がいます。また、ある哲学者は、「2」と「3」と「4」の存在を認めます。しかしガブリエルは、「1」「2」「3」「4」はみんな現実に存在していると考えるのです。これが、「新しい実在論」の特色です。
 
こうして新しい実在論が想定するのは、わたしたちの思考対象となるさまざまな事実が現実に存在しているのはもちろん、それと同じ権利で、それらの事実についてのわたしたちの思考も現実に存在しているということなのです。(p.15)
 
下線部のそれらの事実についてのわたしたちの思考も現実に存在している」という箇所にご注目ください。これは、かなり大胆な発言ですよね。下線部の発言の大胆さがピンと来ない方のために、より尖った例を考えてみましょう。
 
例えば、あるところに「香風智乃(かふうちの)」というキャラクターの形をしたフィギュアが置いてあるとします。そして、山田さんが、「香風智乃」のフィギュアを見ながら「香風智乃」について考えているとしましょう。
 
このとき「新しい実在論」は、「香風智乃のフィギュア」だけでなく「香風智乃のフィギュアに関する山田さんの思考」も〈現実に存在している〉と考えるのです。
 

f:id:amaikahlua:20190905141006p:plain

ゲーム『少女と世界とお菓子の剣~Route of ICHIGO 1~』より
さて、ガブリエルの「新しい実在論の問題点が皆さんにもおわかりいただけたかと思います。ガブリエルの哲学では、「美少女フィギュアを見ているヲタクの思考」や「美少女ゲームをプレイしているヲタクの思考」なども現実に存在している〉ことになってしまうんですよ…。どうです、なんだか奇妙な理論でしょう?
 
ガブリエルの「新しい実在論」に正直困惑した私は、とある若手研究者の方にこの問題点についてメールで質問してみました。拝受したお返事によると、「架空の存在や思考をも〈現実に存在している〉とみなすガブリエルの理論は多くの批判を呼んだ」とのことでした。ガブリエルの〈現実に存在している〉発言はやはり、現地の学会でも批判されたみたいですね。
 
このような批判を呼んだガブリエルの「新しい実在論」ですが、「新しい実在論現代思想らしいアクチュアリティのある理論ではあると思いますVRポケモンGOなどの流行によって虚構と現実の区別があいまいになり、SNSの普及によって人々の思考が可視化された現代の風潮が「新しい実在論にはよく反映されているように私には感じられます。「新しい実在論」は、まさに今どきの哲学だなあというのが私の感想です。

『ミュウツーの逆襲』『ルギア爆誕』『結晶塔の帝王』考察まとめ~存在の拡大~

私は今年の6月から、ポケモン映画の考察を何度もこのブログに書いてきました。とりあえず『ミュウツーの逆襲』『ルギア爆誕』『結晶塔の帝王』の考察が終わったので、ポケモン映画の考察はここで一旦一区切りにしようと思います。
 
脚本家の首藤剛志さんは『ミュウツーの逆襲』『ルギア爆誕』『結晶塔の帝王』のシナリオを書いた後、ポケモン映画のシナリオを全く書かなくなります。ですから、『ミュウツーの逆襲』『ルギア爆誕』『結晶塔の帝王』は、「ポケモン映画の初期三部作」であると共に「首藤さんが脚本を書いたポケモン映画の三部作」だといえます。
 
今回は私が今までに書いた『ミュウツーの逆襲』『ルギア爆誕』『結晶塔の帝王』の考察をまとめながら、首藤さんがポケモンで築いた素晴らしい業績を振り返ってみようと思います。
 

f:id:amaikahlua:20190830150428j:plain

(C)ピカチュウプロジェクト98
(C)ピカチュウプロジェクト99
(C)ピカチュウプロジェクト2000
 

ミュウツーの逆襲』『ルギア爆誕』『結晶塔の帝王』の考察

 
ポケモン映画第1作ミュウツーの逆襲』のテーマは、自己存在」です。人間のエゴによって生み出された遺伝子ポケモンミュウツーが、自分の存在を賭けた戦いを挑みます。今改めて観ると、自分探しの真っ只中にいるミュウツーは、頭は良くても精神年齢は意外と思春期の少年ぐらいかもしれないなと思います。逆に、設定を調べてみると、自分の存在を賭けた戦いを挑まなかった苦労人のニャースがすごく大人に思えてきましたね(笑)。
 

f:id:amaikahlua:20190830151625j:plain

余談ですが、『ミュウツーの逆襲』ディレクターズカット版には、アイちゃん」という少女のクローンが登場します。幼いミュウツーとアイちゃん(のクローン)がテレパシーによって交信する場面は、序盤の感動ポイントです。また、「アイ」という名前は英語で「私」を意味する「I」から来ていることや、アイちゃんが「涙」について語る場面は重要なポイントです。しかし、今年公開された『ミュウツーの逆襲 EVOLUTION』では、アイちゃんが出てくる場面が完全にカットされていました。なんでや~、残念です。
 
ポケモン映画第2作幻のポケモン ルギア爆誕のテーマは、「それぞれの自己存在の共存」です。『ミュウツーの逆襲』で確立した自己存在を、同じ世界に共存させる試みがなされています。「深層海流」や「音楽」などのモチーフを使って、「共存」というテーマが巧みに描かれていました。あからさますぎてあまり指摘されていませんが、生命を創造した神の存在」も明らかにされた作品でしたね。
 
『ルギア爆誕』が完成した後、人間でもポケモンでもないティラノサウルスの化石が登場する第3作目のポケモン映画が企画されました。それぞれの自己存在が共存する「世界全体の存在」を追求して揺さぶる、野心的で大胆な内容でした。しかし、この「ポケモン映画幻の第3作」の企画は、大人の事情でボツになりました。
 
結局、ポケモン映画第3作として公開されたのは、『結晶塔の帝王 ENTEI』です。『結晶塔の帝王』は、夢の世界にひきこもる少女・ミーが、現実の世界に戻るまでの過程を描いた物語です。いわゆる「ぼっち」「ひきこもり」からの脱出という深刻なテーマが、親子で楽しめるエンタメの形に見事に昇華されています。ひきこもり少女の成長を描くことによって「現実世界の存在」を肯定した傑作でした。なお、この作品は精神分析に詳しい方が鑑賞したら大変面白く感じられるだろうと私は思っています。
 

補説:『ミュウツー!我ハココニ在リ』と旧作エヴァンゲリオンの考察

 
ミュウツーの逆襲』『ルギア爆誕』『結晶塔の帝王』の考察をしているうちに、初期のポケモン映画と(新劇場版ではない)旧作エヴァンゲリオンのテーマがそれなりに近いことに私は気付きました。旧作エヴァンゲリオンの考察もいくつか書きましたので、ここに掲げます。
 
・『ミュウツー!我ハココニ在リ』とTV版エヴァの考察
 
設定や対象年齢が違う作品なので迂闊に比較できませんが、初期のポケモン映画と旧作エヴァンゲリオンは、どちらも「自己存在」「他者との共存」「現実世界」について考えさせられる作品だったと思います。いずれも20年以上の伝統がある作品ですが、ポケモンエヴァンゲリオンは今でも現役で十分通用する社会現象級のコンテンツであることを実感します。

『コップクラフト』第7話を観たぜ。~善人と悪人は住む世界が違う~

コップクラフトとかいうアニメの第7話が面白かったので、今回はその感想を書きます。

 
コップクラフト』の主人公は、マトバという刑事のオッサンと、ティラナという異世界からやってきた美少女です。はじめは生まれた世界や正義観の違いが原因で対立していた2人でしたが、今の2人はすっかり相棒の関係になりました。第7話では、高級売春クラブを利用していた怪しい政治家の素行が捜査されます。
 
マトバが捜査を続けている一方、ティラナはゾーイという娼婦と仲良くなります。ゾーイと仲良くなったことを喜ぶティラナですが、マトバはそのことに感心しません。マトバとティラナの会話は重要なので、引用します。
 
マトバ「いいかティラナ、捜査の対象に肩入れするな!
ティラナ「だが…」
マトバ「友達になんてなれないぞ。連中とは、住む世界が違うんだ!
 
マトバはすれたオッサンですが、仕事と私情を切り離して物事を考えることができるし、危なそうな人たちと馴れ合わない刑事としての高潔さがちゃんとある人なんだろうなあと思います。経験を積んでいろいろくたびれたり汚れたりしてるけど、マトバの心の根っこには正義がちゃんとあるんでしょうな。マトバはティラナに説教しますが、ティラナは反発します。
 
ティラナ「住む世界!?だったら私とお前は何なのだ?
マトバ「それは…別の話だ
ティラナ「別ではない!断じて別ではない!…私は、納得できない」
 
異世界からやってきたティラナは、地球人のマトバと仲良くなりました。だからティラナには、「住む世界が違う者同士でも仲良くなれる」という思いがあったのでしょう。世間知らずなティラナは、警察とは住む世界が違う娼婦のゾーイとも友達になれると思ってしまったんですね。
 
私が観た限り、マトバとティラナが仲良くなったのは、「マトバとティラナが2人とも正義の心を持った善人であり公人だから」という理由が大きいと思います。マトバとティラナは出身が違っても、2人とも善人であり公人だから仲良くなった。でも、公人のティラナと私人のゾーイは心根や立場が違うだろうから、仲良くするなんて論外だ!とマトバはティラナに言いたかったのでしょう。
 
結局ゾーイは悪人で、デートクラブの顧客データを政治家に販売していました。物語のラストで、ゾーイは殺し屋に射殺されます。友達だと思っていたゾーイを失ったティラナは、嘆き悲しみます。
 
マトバとティラナは「出身が違う」という意味で「住む世界が違う」2人でしたが、2人とも善人であり公人だったので、相棒になったのだと思います。一方、善人であり公人のティラナと悪人であり私人のゾーイは「心根が違う」「立場が違う」という意味で「住む世界が違う」2人だったので、結局親友になることができなかったんでしょうな。
 
第7話のラストは後味が悪いものでしたが、
「善人と悪人は住む世界が違うので、親友になるのは難しい」
という当たり前ながらも強い主張が込められた良いシナリオだと思いました。
また、
「悪人と親友になれなかったティラナは、まぎれもなく善人である」
ということもよく表れたお話だったと思います。

エヴァ旧劇場版再考~複雑な共生~

エヴァンゲリオン旧劇場版のラストで、シンジは傷ついてもいいから他人と共に生きることを決断しました。静かな海辺には、シンジとアスカの2人だけが存在しています。

 

f:id:amaikahlua:20190820140600j:plain

脚本:庵野秀明
(C)GAINAX/EVA制作委員会
1997年7月19日公開
 

愛憎入り混じる結末

 

f:id:amaikahlua:20190820140705j:plain

シンジは、アスカの首を締めます。シンジは他人と共に生きることを決断したのに、他人であるアスカの首を締めてしまうんですね。シンジがアスカの首を締めた理由はいろいろ考えられますが、アスカがシンジに対して冷淡に思える態度を取ったから」という理由を私は挙げたいです。シンジにとってアスカは自分を見捨てて孤独にする他者だったから、シンジはアスカに殺意を抱いたのではないか…というのが私の考えです。
 

f:id:amaikahlua:20190820140837j:plain

シンジはアスカに対して殺意を持っていたと思いますが、それ以前にシンジはアスカを必要としてもいたんだろうなと思います。シンジはアスカに「ねえ、僕を助けてよ」と言っており、アスカにすがろうとしました。また、シンジはアスカの裸体を見て自慰行為をしており、性的な意味でもアスカを必要としていたと思います。でも、アスカはシンジを受け入れていないように感じたから、シンジはアスカを殺そうとしたと考えられる。こうして書いてみると、シンジは本当にみっともない主人公だな(笑)。
 
宇多田ヒカルさんの「For You」という曲の歌詞には、「一人じゃ孤独を感じられない」とあります。人はシンジのように他人を必要とする生き物ですが、なおかつ他人といっしょにいることによって初めて孤独を認識する生き物でもあります。エヴァ旧劇場版と宇多田さんの曲には、そうした人間のアンビバレントな側面がよく表れていると思います。新劇場版の主題歌を宇多田さんが歌うのは、必然の流れだったのかもしれませんね☆
 

f:id:amaikahlua:20190820140939j:plain

アスカの首を締めるシンジを、アスカはそっと撫でます。この撫で方は優しい感じがして、アスカのシンジに対する思いやりが感じられましたね。ツンツンしたアスカのシンジに対する優しさが視覚的に感じられる、珍しい場面だと思いました。
 

f:id:amaikahlua:20190820141111j:plain

シンジは、急に泣き出します。シンジが泣き出した理由も、いろいろ考えられます。アスカがシンジに愛情を示したので、シンジは感激したのかもしれない。また、アスカに負の感情を抱いた自分が情けなくて泣いたのかもしれない様々な感情が入り混じった涙だったんでしょうな。
 

f:id:amaikahlua:20190823171455j:plain

最後に、アスカがシンジにこれ以上なく冷たい声で「気持ち悪い」と言って終了です。
 
アスカの「気持ち悪い」発言をネガティブに解釈するご意見を、ネットではよく見かけます。なぜかというと、「BSアニメ夜話というテレビ番組にアスカ役の声優・宮村優子さんご本人が出演していて、そのときの発言がネットで流布しているからじゃないかな。庵野監督が宮村さんに「自分の身体で自慰行為をする男をどう思う?」ということを質問して、宮村さんが「気持ち悪い」と思ったという逸話が旧劇場版のラストに反映されているらしい…エヴァファンの間では有名なお話ですね。
 

f:id:amaikahlua:20190820141956j:plain

しかし、私はここで皆さんにある本を紹介したいと思います。それは、ゴジラエヴァンゲリオンという本です。この本は正直あまり面白い本ではありませんでしたが、2007年にアスカ役の宮村さんが発した重要なお言葉が載っていました。この本によると宮村さんは、アスカはシンジに好意を持っていると思ってアスカ役を演じていらっしゃったみたいなんですね。よくある「自慰行為をする男に嫌悪感があるから気持ち悪い説」を上書きする重要な資料なので、引用させていただきます。
 
アスカ役の声優・宮村優子は、アスカについて「今でいうところのツンデレ異性として気になるのはシンジだけど、なかなか表に出すことが出来ない」(「FLASH EXCITING」二〇〇七年九月一〇日増刊号、エヴァ特集)と述べている。そういう気持の籠もった「気持悪い」なのだ、と私は信じる。*1
 
この資料を考慮すると、アスカはシンジに対して嫌悪感を持っている一方、内心好意も持っていて、その感情が入り混じったうえで「気持ち悪い」と言った…と解釈できるかと思います。
 

現実は複雑だ

 

f:id:amaikahlua:20190820142416j:plain

エヴァ旧劇場版の結末は、現実そのもののように複雑な結末だと思います。シンジはアスカに殺意を抱きつつ、アスカを必要としてもいるらしい。アスカもシンジのことを「気持ち悪い」と言いつつ、シンジに対して愛情を持ってもいるらしい。現実の人間関係も、シンジとアスカの関係のように、相手に対する憎しみと愛が入り混じった複雑なものだと思います。このラストでは、「他人と共存することの複雑さ」がよく表れているというのが現時点での私の結論です。
 
余談ですが、私は大学時代に、非常に不思議な縁でガイナックスの元社員の方(今業界では有名な方だと思います)からお話を伺ったことがあります。その方は、エヴァ旧劇場版のシナリオは、お客さんに伝わりにくかったかもしれませんね…」とおっしゃっていました。確かに、エヴァ旧劇場版のシナリオは難解です(苦笑)。特に、アスカがシンジに対して持っている「好意」を読み取るのに私は非常に苦労しました。
 
前回私は「エヴァ旧劇場版は現実の嫌なところを描きすぎている」と書きましたが、今回見返してみると他人と関わることの愛と希望もわりと描かれていましたね…。誤解を招く書き方をして申し訳ございませんでした。
 
〈参考にした記事〉

*1:長山靖生ゴジラエヴァンゲリオン』、新潮新書、二〇一六、一五五頁。