かるあ学習帳

ゲーム/アニメ/特撮/文学/哲学の話をしよう

『フロレアール』考察~僕たちは独りじゃない~

f:id:amaikahlua:20200519151941p:plain

フロレアール~すきすきだいすき~』
シナリオ:元長柾木
(C)13cm
1999年7月発売
 

「独り遊び」の絶望

 

大昔の美少女ゲームフロレアールの主人公・ジャンは、物語の終盤で絶望と孤独に満ちた独り言をつぶやきます。

 

f:id:amaikahlua:20200519152757p:plain

「……神父をやってたその当時、僕は神様って奴を信じてた。この世界の《外部》で僕たちを見守ってる奴の存在を信じてた」
「はぁ……」
「けど、ある時、僕は気づいたんだ。それは《外部》なんかじゃないって。むしろ《内部》なんだ。だって、祈りっていうのはそういうもんだろ? カードの独り遊びみたいなものなんだ……
「あの、ご主人様……?」
「それでだ……。僕は気づいたんだ。《外部》と《内部》はひと繋がりの円みたいなものなんだって。全ては独り遊びなんだって。……これはなかなか恐ろしい考えだった。僕は結構絶望したよ。孤独ってことの意味を初めて理解したな」
「……」
 
例えば、世界の《内部》にいる人が、世界の《外部》にいる超越神の存在を信じているとします。そして、その人が世界の《外部》にいる超越神に対して、「神様、助けてください!」と祈ったとします。そのとき、その人は本当に世界の《外部》に祈ったと言えるのでしょうか?
 
もしも世界の《外部》に超越神が存在するとしても、私たちはその超越神について明晰に語り得ないはずです。なにせ超越神は世界の《外部》にいますから、世界の《内部》にいる私たちにはよくわからない存在だからです。世界の《内部》にいる私たちは、世界の《外部》にいる超越神については、あくまでも世界の《内部》で想像するしかない。
 
こう考えると、超越神の存在は《外部》ではなくむしろ《内部》であり、祈りは独り遊びだというジャンの発言が理解できるかと思います。世界の《内部》から想像される超越神は、あくまでも世界の《内部》での想像の産物である。そして、世界の《内部》から捧げられる《外部》への祈りは、あくまでも世界の《内部》で想像される《外部》に向かった祈りでしかない。全ては世界の《内部》での独り遊びだというわけですな。
 

「独り遊び」を克服せよ

 
さて、世界の《内部》での絶望的な独り遊びを、私たちはどうやって克服すればいいのか。ジャンの従者・メルンはこう考えます。
 

f:id:amaikahlua:20200519152045p:plain

 2人が別の世界にいるからといって、それは《結びつき》を否定することにはならない。2人が別の世界にいるーーそんなこと、当たり前のことだ。人が2人いれば、世界も2つある。当然のことだ。
 でもそんなことは、本当に結びつくということとは関係がない。生きている世界が別々でも、人は交われる。人と人が結びつくという奇跡みたいな出来事だって、ちゃんとある。
 人はみんな自分だけの世界の中で1人で生きているけれど、でも魂を超越させてどこかで結びつくことができる。人には、それができる。世界の壁を飛び越えることができる。わたしは、それを奇跡と呼びたい。
 そして、ご主人様とわたしは奇跡によって結ばれているんだって信じている……。
 
ジャンが言う通り、一人一人の人間は皆各人の世界の《内部》にいて、人それぞれに住む世界が違うのかもしれません。でも、だからといって人は皆孤独だとは限らないのです。なぜなら、人の魂は世界の壁を超越することができ、人と人は結びつくことができるのですから。
 
非常に理知的な『フロレアール』のシナリオですが、ラストギリギリになって唐突に「魂」だの「奇跡」だのといったオカルトに頼りやがったと思われるかもしれません。しかしシナリオライターの元長氏は、「魂」や「奇跡」といういささか胡散臭い言葉を使ってでも、いや、あえて使うことによって、人は独りじゃないということを力説強調したかったのだと信じたいw
 

f:id:amaikahlua:20200519152239p:plain

……《外部》って考え方は、《内部》と同じことなんだ。
……そうやって《外》と《内》を分けることには、何の意味もないんだ。
……それは独り遊びの罠に過ぎないんだ。
……僕は、それに落ち込んでいた。
 
……けれど、僕は独りじゃない。
……そんな簡単なことに、やっと気づいたんだ……。
 
人は魂を超越させることによって、他人と繋がることができる。だから、人は独りじゃない。ここまで考えれば、ラストに出てくる英文の意味は、簡単にわかるでしょう。
 

f:id:amaikahlua:20200519152340p:plain

Solitaire trap in the abyss of the existence of the human.
We must get it over.
 
(甘井カルア訳)
人間存在の深みにおける、独り遊びの罠。
私たちはその罠を、超克しなければならない。
 
〈関連記事〉
私の『フロレアール』考察は、これでひとまず終了です!皆さん、読んで頂きありがとうございました。

『フロレアール』考察~「神」に挑んだ男~

f:id:amaikahlua:20200511132330p:plain

フロレアール~すきすきだいすき~』

シナリオ:元長柾木
(C)13cm
1999年7月発売
 
今回は、知る人ぞ知る美少女ゲームフロレアールにおける「神」の存在について考察します。
 

「神」への挑戦

 

f:id:amaikahlua:20200511132413p:plain

「僕とメルンがいるこの世界は、神によって創られた。そして、神はこの世界を僕とメルンの幸福な物語が紡がれる場として設定した。僕とメルンは、その物語を遂行する駒に過ぎないんだ。ーー僕は、その理不尽が憎い」
 
フロレアール』の主人公・ジャンは、『フロレアールという物語を創造した「神」に戦いを挑みます。ジャンによれば、「神」はジャンとメルンが幸福な生を送るように『フロレアールという物語を設定した。…ということは、メルンを不幸にすれば、メルンが幸福になることを望んだ「神」に反逆できるのではないか?とジャンは考えました。
 
ジャンとメルンは幸福な生を送ることができるのに、どうしてジャンはその摂理に逆らおうとするの?折角幸福を享受できるんだから、ジャンは大人しく「神」に従っていればいいじゃない?と思われる方がいらっしゃるかもしれません。しかし、ジャンは「神」の駒になるのではなく、自分の人生を自分で切り開きたかったのです。「神」から自由になるために、ジャンは「神」に反逆しようとしました。
 
 自分の人生があらかじめ決められていること。そんなことに、僕は耐えられなかった。自分で自分の生きる道を切り拓きたかった。
 僕は、神の定めた道から逸脱しようとした。自由を掴もうとした。
 
ジャンはナイフを振り下ろし、メルンを殺害しようとします。メルンが殺害されればメルンの人生はバッドエンドになり、「神」が用意したハッピーエンドは克服されるだろう。…そうすれば、自分は自由になることができる…とジャンは思ったのです。自分の自由を手に入れるために自分の従者を殺害しようとするなんて、ジャンは傍迷惑な奴だなと正直思っちゃいますねw
 
しかし、ジャンの試みは失敗しました。
 
メルンは、ジャンの殺意を、笑顔で受け入れたのです。
 

f:id:amaikahlua:20200511132451p:plain

それは、笑顔だった。
メルンの顔に、笑顔が浮かんでいた。
全てを赦す笑顔が、そこにはあった。
ーーご主人様になら殺されてもいいです。
笑顔は、そう言っているようだった。
 

神-プレイヤー-作者

 
ジャンは、「神」への反逆に失敗しました。さて、ジャンが戦いを挑んだ「神」については、少なくとも3通りの解釈があると思います。1つめは、文字通り神様。2つめは、『フロレアール』をプレイするプレイヤー。3つめは、フロレアール』の作者である元長柾木氏。
 
まず、ジャンが戦いを挑んだ「神」は、文字通り『フロレアールの世界の《外部》に存在する超越神だと解釈できます。これは身も蓋も無い解釈です。ですが、「神」という言葉を別の単語に解釈変換していないので、恣意性が無くて無難な解釈だと思います。
 
次に、ジャンが戦いを挑んだ「神」は、『フロレアールというゲームをプレイしている「プレイヤー」だという解釈があります。フロレアール』をプレイしているプレイヤーたちは、ジャンとメルンが期待通りの結末を迎えることをゲームの《外部》で望んでいます。しかしジャンは、ハッピーエンドを願うプレイヤーたちに反逆したという説です。「神」=プレイヤー説は、「猫箱ただひとつ」さんのコメント欄に載っていました。
 
「神」=プレイヤー説は、トリッキーで面白い説だと思います。ですが、「神」=プレイヤー説には、いくつかの反論が予想されます。その反論の一つに、『フロレアール』のプレイヤーたちは期待通りの結末を「望む」ことや「選択する」ことはできても、「創造する」ことまではできないのではないか?という反論があります。世界を「創造する」のはあくまでも神や作者にできることであって、プレイヤーにはできないことなのではないか。この問題を、私はいつか検討したいと思っています。
 
最後に、ジャンが戦いを挑んだ「神」は、『フロレアールシナリオライター=元長柾木氏だと解釈できると思います。元長氏は、ジャンとメルンが幸福になることを願ってシナリオを書いたと仮定できます。そしてジャンは、メルンを幸福に導こうとする元長氏の意志に敗北したと考えられます。私=甘井カルアは、この説を特に強く推します。
 

f:id:amaikahlua:20200511132942p:plain

また、「神」を元長氏だと解釈すると、『フロレアールに登場するクラマスという犬の立ち位置もわかってくるのではないかと思います。私が読んだ限り、クラマスは怠け者の犬で、メルンにだけなついている様子です。私の憶測ですが、クラマスは元長氏の投影ではないかと思いました。元長氏は自分のことを怠け者だと卑下していて、作中の登場人物ではメルンのことが気に入っているのかもしれない。そして、メルンの愛する人であるジャンのことを心のどこかで警戒しているのかもしれない。そんな作者が、自分の心情を作品の《外部》からクラマスに投影しているんじゃないかな。根拠は弱いですが。
 
〈関連記事〉

宇野常寛『ゼロ年代の想像力』書評

f:id:amaikahlua:20200429131424j:plain

ゼロ年代の想像力

ハヤカワ文庫
2011年初版発行
 
・単なる「趣味語り」に留まらない現代社会論
 
今回はゼロ年代の想像力とかいう本の書評をします。『ゼロ年代の想像力』は、批評家・宇野常寛のデビュー作です。『ゼロ年代の想像力』という物々しい題名や「批評」という言葉の厳めしさのせいで、何だかクソ真面目そうな本だなと思われるかもしれません。でも、ご安心(?)ください。この本の中身は非常にポップなサブカルチャー批評です。
 
この本では、ゼロ年代を象徴する文学や漫画、特撮やテレビドラマなどが幅広く批評されています。具体的に言うと、村上龍ケータイ小説、『DEATH NOTE』、平成仮面ライダーシリーズ、『池袋ウエストゲートパーク』などが批評されています。どうです、ライトなラインナップでしょう?批評している対象がライトなので、題名や表紙をもっと可愛いげのあるものにしたらもっと売れたんじゃないかな、この本w
 
この本の優れたところは、ただ単に流行りのものをレビューしているだけでなく、ゼロ年代の世相描出やゼロ年代を生き抜くための処方箋の提示にまで踏み込んでいるところです。単なる「趣味語り」に留まらない「現代社会論」を書ける宇野さんは、流石プロだなーと思いました。
 
・「セカイ系」から「バトルロワイヤル系」へ
 

f:id:amaikahlua:20200429130748p:plain

エヴァンゲリオン旧劇場版第25話「Air」より
新世紀エヴァンゲリオンに代表される90年代後半の想像力を、宇野さんは「古い想像力」と呼んでいます。90年代後半には「何も選択しないで(社会にコミットしないで)引きこもる」という、「引きこもり/心理主義」が流行しました。TV版エヴァの終盤や旧劇場版エヴァでシンジはエヴァに乗ることを拒否したり引きこもりのような状態になったりしますが、これが90年代後半の風潮をよく表していたというわけですな。
 

f:id:amaikahlua:20200429130538p:plain

アニメ『Fate/stay night』より
しかし2001年ごろから何もせず引きこもっていると生き残れない「サヴァイヴ感」や、根拠が無くても何らかの立場を選択しなければならない「決断主義」的な風潮が主流になったと宇野さんは考えます。90年代後半の「引きこもり/心理主義」は、ゼロ年代の「開き直り/決断主義」にシフトしたという。したがってこの本では、戦わなければ生き残れない生存競争を描いた『仮面ライダー龍騎や『Fate/stay night』などが、ゼロ年代を象徴する作品として挙げられます。宇野さんは「バトルロワイヤル状況」に陥ったゼロ年代の想像力を批評しつつ、ゼロ年代を超克する方法を模索します。
 
私は仮面ライダーが好きなので、第十二章「仮面ライダーにとって『変身』とは何か」を面白く読みました。子供の頃から個人的に好きになれなかった『仮面ライダー響鬼を批評するポイントがわかったので良かったです。私には駄作に思えたり、批評に値しないと思えたりする作品を上手に論じる宇野さんの力量は、心底凄いと思いました。
 
・日常と学識の欠乏
 
ハヤカワ文庫版の巻末インタビューで宇野さんご本人も仰っていることですが、この本は「日常系(空気系)」が流行る前に世に出たので、日常系に関する言及が少ないです。ゼロ年代の『らき☆すた』や『けいおん!』などの批評は、この本には載っていません。この本では過酷なバトルロワイヤル系への考察が濃密である一方、ノホホンとした日常系への考察が欠乏しているので、今読むと「俺たちのゼロ年代ってこんなに殺伐とした時代だったか?」と思ってしまうような現代社会論になっている。
 
また、宇野さんがこの本で古典や海外の思想家などについてあまり言及していないので、宇野さんの学問的な素養を少し疑いました(批評家は皆古典や西洋思想に詳しくなければならないとは流石に思いませんが…)。何と言うか、「現代の」「日本の」ことが集中的に書いてあるという感じ。この本を読んだ限り、宇野さんは現代日本の文化を解読批評するのに特化した頭脳の持ち主なのかなと思いましたし、良くも悪くも現代っ子の批評だなと思いました。偉そうだったらすみません。
 

f:id:amaikahlua:20200429131052p:plain

特撮ドラマ『仮面ライダー龍騎』より
宇野さんがこの本で何度も言及している『仮面ライダー龍騎』は、仮面ライダーたちが「ミラーワールド」という鏡の中の世界で戦うお話です。精神分析をかじったことのある人なら、『龍騎のミラーワールドはラカンの「鏡像段階と関係があることにすぐ気付くはずです。おそらく、斎藤環さんや東浩紀さんなら、すぐに鏡像段階の話をすると思う(笑)。でも、宇野さんはこの本で鏡像段階について全く語っていない。鏡像段階について語ったら『龍騎』についてはもっと凄いことが言えると思うんですが、言及されていないのは残念だった…。

『フロレアール』考察~フィクションの中で生きる~

私たちの身の周りにはフィクションが溢れている。本稿では、フィクションとは大雑把に虚構や創作物を指す。本屋に足を運べば、小説や漫画が多数販売されている。毎日夥しい数のドラマやアニメがテレビで放送され、インターネットで配信されている。フィクションは日々新しく生産され、私たちは全てのフィクションに付き合いきれない。大昔の美少女ゲームフロレアール』は、そんなフィクションが氾濫する現代社会を賢明に生きる術を教えてくれる。
 

f:id:amaikahlua:20200410124128p:plain

……貨幣経済や民主主義や自然科学やカトリシズム。

……僕たちの周りにある価値観の全て。
……それは、全部《言語ゲーム》なんだ。
……ヴィトゲンシュタインが言ってたみたいに。
……でも、そんなこと言うまでもないことなんだ。
……そんなことが重要なんじゃない。
 
フィクションは、小説や漫画やドラマやアニメのようにあからさまな創作物だけにとどまらない。経済や法律、思想などもヒトの作り事…つまりフィクションである。そんなことは当たり前のことで、重要なことではない。では、何が重要なことなのだろうか。
 

f:id:amaikahlua:20200423133124p:plain

……僕たちはみんなフィクションの中を生きている。
……初めから判りきっているさ、そんなことは。
……けれど、大事なのはそんな自明な事実じゃない。
……全てはフィクションだっていうのは絶望じゃない。
……大事なのは、世の中の色んなフィクションを1つ1つ検討していくこと。
……そして、自分にとって何が意味があるのか、何がそうでないのか、それを確認していくこと。
……そう、そのことが、多分大事なんだ……。
 
私たちが人生の指針にしている思想や価値観は全てフィクションだということは、私たちの周りにある全ては無意味であり虚しいということを言いたいのだろうか。そうではない。この世には、私たちにとって意味のあるフィクションと無意味なフィクションがある。どのフィクションに意味があってどのフィクションに意味がないのかは、人それぞれだ。
 
フロレアール』のジャンは、色んなフィクションのうちどれが自分にとって意味があるのか、どれが無意味なのかを確認することが大事だと言った。これは、フィクションが氾濫する現代社会を生き抜くための知恵だと思う。不必要なフィクションに没頭するのも、必要なフィクションを素通りするのも、賢明さに欠ける判断だ。だから、フィクションに向き合う時には、そのフィクションが自分にとって意味があるのかどうかを考えることが大事なのだ。
 
私たちの身の周りにはフィクションが溢れている。そしてフィクションは意味に大きく関わっている。あなたにとって意味があり、必要なフィクションは何だろうか。あなたにとって無意味であり、不必要なフィクションは何だろうか。例えば今FGOやあつ森のようなゲームが流行っているが、これらのフィクションはあなたにとって意味があるのだろうか。
 
フィクションの意味/無意味を考えることは、ジャンの言う通り、きっと大事なことだ。
 

f:id:amaikahlua:20200423133625p:plain

 
〈補説〉
フィクションの存在は、人々がそのフィクションに意味を見出だすことによって強固になるのではないだろうか。
 

f:id:amaikahlua:20190926100401p:plain

2018年に、『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』という映画が上映された。この映画では、仮面ライダーが「虚構の産物」として描かれていた。しかし仮面ライダーは虚構の産物でありながら人々に意味を見出だされ、必要とされ、恒久的にヒトの心に残り続ける存在でもあった。人々はフィクションに意味を見出だし、必要とし、フィクションの存在を支持する。あるいは意味を見出だされたフィクションは必要とされ、存在を支持される。
 
貨幣経済や民主主義や自然科学やカトリシズムが今もなお存続しているのはなぜか。おそらくその理由の一つとして、大勢の人々が貨幣経済や民主主義や自然科学やカトリシズムというフィクションに意味を見出だし、必要とし続けているからだろう。貨幣経済や民主主義や自然科学やカトリシズムは「虚構だから無意味」だとは限らない。むしろ、「大勢の人々にとって意味がある虚構」だと言える。
 
〈関連記事〉
…『フロレアール』考察はまだまだ続きますw

『フロレアール』考察~価値観は「言語ゲーム」だ~

大昔の美少女ゲームフロレアール~すきすきだいすき~』以下『フロレアール』)の主人公・ジャンは、言語ゲームについて語っています。ジャンによれば、貨幣経済や民主主義や自然科学やカトリシズムのような価値観は全て「言語ゲーム」だという。

 

f:id:amaikahlua:20200410124128p:plain

……貨幣経済や民主主義や自然科学やカトリシズム。
……僕たちの周りにある価値観の全て。
……それは、全部《言語ゲーム》なんだ。
……ヴィトゲンシュタインが言ってたみたいに。
……でも、そんなこと言うまでもないことなんだ。
……そんなことが重要なんじゃない。
 

言語ゲームとは何か

 
後期ウィトゲンシュタインの代表作『哲学探究』では、「言語ゲーム」が考察されています。言語ゲームというのは、かなり大雑把に言うと、「言語や、言語を使ったありとあらゆる活動」のことです。
 
 言語だけでなく、言語にまつわる行動もひっくるめて、その全体を、私は「言語ゲーム」と呼ぶことにする。*1
 
具体例を挙げると、誰かに命令したり・誰かの命令に従ったり・何かを説明したり・計算をしたり・お祈りをしたりするのは、全部言語ゲームです。また、表やグラフを描いたり、演劇をしたりすることも言語ゲームだとウィトゲンシュタインは言っています。*2
 
日本語で「ゲーム」と言うと椅子取りゲームやテレビゲームのような「遊び」をイメージする人が多そうですが、ドイツ語のSpiel(ゲームという意味の単語)にはより多くの意味があります。ドイツ語のSpielには「遊び」の他にも「動き」「芝居」「演技」「演奏」などの意味がありますので、言語ゲーム(Sprachspiel)という術語にもそうした幅広い意味合いがあると考えてくださいませ。
 

価値観は全て言語ゲームである

 
ここまでの見解を踏まえると、貨幣経済や民主主義や自然科学やカトリシズムのような価値観は全言語ゲームだというジャンの発言の意図が大体おわかり頂けたかと思います。おそらくジャンは「僕たちは言語によって明文化できる価値観を持っていて、その明文化できる価値観が僕たちの活動の基礎になっているんだよ」といったことが言いたいのだと私は解釈しています。
 

f:id:amaikahlua:20200416123635j:plain

例えば、貨幣経済について考えてみましょう。貨幣経済ではペラッペラの紙や小さな金属(貨幣)が美味しい食べ物や優れた芸術作品などと交換されますが、これって冷静に考えると随分奇妙な活動ですよね。この奇妙な活動をマトモっぽく見せているのは、私たちの心に浸透した「価値観」だと思います。
 
一万円札や百円玉は、貨幣経済の価値観を持たない赤ん坊にとってはただのペラッペラの紙や金属です。しかし、「このペラッペラの紙は一万円札である」「一万円札は、一万円の価値がある商品と交換できる」といった言語によって明文化できる価値観を刷り込まれると、私たちは貨幣の認識を得て清算や投資のような経済活動に参加できるようになる。貨幣経済が価値観であり言語ゲームだという発言の意図は、大体こんなことでしょう。
 
続いて、民主主義やカトリシズムが価値観であり言語ゲームだというのは結構わかりやすいから良しとして(わかりにくかったらすまんなw)自然科学が言語ゲームだという考え方には補足が必要でしょうね。
 

f:id:amaikahlua:20200416124108j:plain

私たちは、地球は太陽の周りを回っているとか、人類の祖先はサルだとかいったことを普通に考えることができます。なぜそう考えることができるかというと、「地球は太陽の周囲を公転している」「人類はサルから進化した」といった言語によって明文化できる自然科学的な知見を私たちが共有しているからでしょう。そして私たちは自然科学の物の見方を当てにして、研究や説明などの活動を行うことができます。
 
しかし、科学者も所詮人間ですから、科学の物の見方や仮説が間違っている場合があります。一見すると客観的に思える科学的な観点も、人間が編み出した価値観の一種にすぎないのです。自然科学が価値観であり言語ゲームだという発言の意図は、大体そういうことでしょう。
 

f:id:amaikahlua:20200416124334p:plain

余談ですが、『フロレアールと同じく元長柾木さんがシナリオを書いた『Sense Off』には、「……科学も世界解釈の1手法である限り、『信仰』であらざるを得ない」というセリフがあります。元長さんは『フロレアール』と『Sense Off』で、科学も所詮ヒトの価値観や信仰の一種にすぎないのだと言いたかったのだろうと思います。
 
 
…今回は、考えれば考えるほど当たり前なことを言っているように思われたかもしれません。実際、ジャンは「そんなこと言うまでもないことなんだ」と言っています。では、ジャンにとって、『フロレアール』という作品にとって、何が重要なことなのか。続きは次回に考察します。
 
〈参考文献〉
ウィトゲンシュタイン(丘沢静也訳)『哲学探究』、岩波書店二〇一三
・メイヤスー(千葉、大橋、星野訳)『有限性の後で』、人文書院、二〇一六
・中村昇『ウィトゲンシュタイン哲学探究」入門』、教育評論社、二〇一四
・中川敏『言語ゲームが世界を創る』、世界思想社、二〇〇九
…今回は自分なりに調べて書きましたが、異論があればぜひ知りたいです。お気軽にご連絡くださいw
 
〈関連記事〉

*1:ウィトゲンシュタイン(丘沢静也訳)『哲学探究』、岩波書店二〇一三、一二頁。

*2:同上、二四~二五頁。